「ふわっとした仕事を具体的なタスクに落とし込むスキル」って難しいよねって話

どうも。
座右の銘は「人生は自己嫌悪と開き直りの繰り返し」の僕です。
今は開き直りの時期に来ており、ノッてます。

ぼんやり、はてなブックマークを見ていたら秀逸なタイトルに出会えたので僕も便乗して。

ちなみに秀逸なタイトルはこれ。
今の時代、「ふわっとした仕事を具体的なタスクに落とし込むスキル」だけで十分食えると思う – Books & Apps

こういうちょっと煽った感じのタイトルを付けられる人は天才ですね。
あ、良かった。自分じゃない誰かの話だ。ほんとタスクに落とし込めないやつっているよね。わかるわかる。

なんて感想を抱いた僕は完全に踊らされています。

戒めとして「ふわっとした仕事をタスクに落とし込む」について考えてみたいと思います。 “「ふわっとした仕事を具体的なタスクに落とし込むスキル」って難しいよねって話” の続きを読む

転職未経験者は30代半ばで転職したくなる説

昨年の6月から有給消化に入り転職活動を開始しました。
幸い当時のお客さんのところで雇ってもらうことがかない、現在その会社で務めています。

30代半ばといえば転職適齢期を少し超えた年齢。
何故、そんな中途半端な歳で転職したのか自分なりにまとめてみたいと思います。
今月誕生日を迎え僕は37歳です。
おめでとう、自分。 “転職未経験者は30代半ばで転職したくなる説” の続きを読む

サーバーがフリーズしました – サーバーは負債

サーバーがフリーズしました。地獄です。
サーバー管理などやるものではない。つくづく思います。
「宗教上の理由でサーバー管理はしない」と公言しているのですが、なんやかんやでサーバー絡みのトラブルに巻き込まれます。
ホントキツイ。 “サーバーがフリーズしました – サーバーは負債” の続きを読む

プログラマーのジョブチェンジ – 上級職へ転職した方が良い5つのタイプ

あなたがもし、今の環境に不満を抱いているのなら転職した方が良いかもしれませんね。
「プログラマー やめたい」なんてキーワードで来る人は、余程悩んでいるのでしょう。
そんなのをGoogleやヤフーに打ち込むより、退職願いでも書けばよいと思います。
僕もグダグダ悩んでたので人のことは言えませんが。

僕の経験から転職した方がよいと思うタイプをご紹介します。
“プログラマーのジョブチェンジ – 上級職へ転職した方が良い5つのタイプ” の続きを読む

そうだ プログラマー、増やそう – あなたがプログラマーを始める理由

最初に申し上げますが日本では「モノをつくる人」の地位は低いです。
工場の職人もそうですが、ソフトウェアをつくるプログラマーも同じです。
押し並べて、使われる側の立場です。

誰でもつくれるものをつくるというのは、特に駄目ですね。
いくら早くても、美しくても、品質が高くても関係ありません。
最終的には値段勝負になり、自分の技術力と時間を安売りすることになります。
まして、サラリーマンプログラマーなんて掃いて捨てるほどいる時代です。
技術力では上には上がいるし、価格やコンテンツ勝負では外国人たちに太刀打ちできません。

それでも僕はプログラマーをお勧めします。
理由は「つくれる」からです。 “そうだ プログラマー、増やそう – あなたがプログラマーを始める理由” の続きを読む

プログラマーの幸せ

プログラマーを長く続けられる人は、プログラミングが好きという人が多いと思います。

僕もそのクチで、プログラミングは好きです。
結局、「好きな事を仕事にしている」のに、僕は何故仕事を辞めたくなったのでしょうか。

今、異分子として製造業に入社させて頂きました。
「ソフトウェア開発」の技術が「実は欲しかったもの」と認知されてきたようです。
その内「ソフトウェア開発」に特化した組織を立ち上げることになるかもしれません。

僕は「辞めたくなった組織」の経験しかなく、自分が組織を作っても同じものにしてしまう気がします。
そこで、「辞めたくならない、プログラマーにとっての幸せ」について考えてみたいと思います。 “プログラマーの幸せ” の続きを読む