田舎の空気は汚いと感じる今日この頃


僕の大学新卒で入った会社は首都圏でした。
現在転職して、都会の人が旅行で行くような場所で働いています。

引っ越してきて初日に、カブトムシが転がっていたことに衝撃を受けました。
自転車でたらたら走っていると自分の行き先をカニが横切ります。
ふと視線を川に移すと色とりどりの水鳥がさえずり、岩の上で亀が鈴なりになっています。

蜂やハエ、クモなど都会にもいるそれは規格外の大きさで出没します。
都会では見慣れない売地のかんばんがそこかしこに存在し、100坪超の異常な広さ。
どう考えても田舎。ロハス。

最早、旅行で田舎へ行く気にはなりません。

田舎の空気について

自転車でぷらぷら天気のいい日にサイクリング。
牛舎に目をやると関東で見た牛の2倍はありそうな漆黒の怪物が鎮座しています。
その横には「牛の飛び出し注意」なる看板。
僕は若干興奮気味の怪物を刺激しない様その場を立ち去ります。
自分の自転車が真っ赤なことに絶望しつつ。

風向きによっては牛の糞の臭いがします。
夏場はやばい。因果関係はわかりませんが雨の直前もやばい。
どこぞの小豆工場も得も言われぬ臭いでしたが、牛糞はウンコですからね。
空気中の微粒子とはいえ体内に取り込みたくない代物です。

しかし、問題はそこではありません。
完全に見落としていました。工場の存在を。
工場はその特性上、住宅街から田舎に追いやられます。

僕は埃・ダニのアレルギーですので、首都圏でも埃の多い場所に行けば体がかゆくなりました。
しかし、今はずっとかゆい。特に風向きが変わる夜から朝にかけてが異常にかゆい。
掻けば蕁麻疹が出て更にかゆくなり最悪です。
ちなみに花粉症はありません。

僕のワイフは花粉症です。
首都圏では春ごろマスクとティッシュを手放せない状態でした。
かゆみも同時期に発生していました。

「田舎ならアレルギーマシになるかも」という根拠のない期待はあったのですが症状は変わらず。
おそらく田舎なので杉やヒノキも元気なのでしょうね。
考えてみれば当たり前の話でした。
杉やヒノキが無い場所にいくしかありません。
くしゃみ鼻水は首都圏と大体同じ時期でしたが、体のかゆみはほぼ年中発生しています。

束の間の幸せ ゴールデンウィーク

最近、体のかゆみは空気の汚れを疑い始めていました。
部屋の中のカビやカーテンの埃など色々検討したのですが室内は何をやっても効果がなかったので。

次に疑ったのは中国。
関東より中国に近いから・・・と、中国から流れ込む汚い空気がかゆみの原因と考えました。
「PM2.5=中国」というテレビの洗脳が僕を惑わせます。

また、我が家の空気清浄機は2台ともPM2.5を訴えています。
中国め・・・。

しかし僕の考えを変えたのがゴールデンウィークでした。
ゴールデンウィーク中はかゆみが一切おさまっていたのですが、最終日の夜に強烈なかゆみが復活。
もしかしたら夜勤?

ゴールデンウィークとかゆみが同期しているので、僕は中国の可能性を消しました。

現在、この近辺の工場の空気汚染を疑っています。
しかし、どこが原因か特定できていません。
どうにか特定する手段は無いものか。

特定できても工場に改めさせられないので、結局引っ越すしかないんですけどね。

今改めてご近所を見渡してみるとアトピーっぽい肌の人が多いんです。
で、中国に近い土地の人は案外肌がきれい。

由々しき問題です。

まとめ

工場の煙と田舎の空気はうまいとのたまう芸能人に殺意が沸きます。

かーゆーいー。
うぉぉぉぉおおおおお。

おわり


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。