ちょっと工作機械について熱く語ってみようと思う


僕の過去の記事の中では、ちょこちょこ巨大な機械が出てきます。
そのほとんどが工作機械なのですが、今回は工作機械についてちょっと熱く語ってみようと思います。
日本は自動車産業もすごいですが、実はこの工作機械も世界トップを突っ走っています。

ところで、下町工場の話題も下火ですね。
メディアもネタ切れなのか女性職人特集とかでお茶を濁す始末。
職人のアイドルグループでもつくる気でしょうか。

もうちょっと、本物の技術に目を向けて欲しいものです。

工作機械って何?

例えば「ものづくり」と言うと、
電化製品を組み立てたり自動車を組み立てたりと、どうも身近な製品の組み立ての話題になります。

しかしちょっと考えてみて下さい。
自動車のエンジンやシャフト、どうやって作るのでしょう。
あんな形の金属、自然界には存在しませんしね。
実は組み立てる前に部品を作る必要があります。

製品の多くは金属や樹脂の部品で構成されています。

それらを作る為、
「削る」「切る」「穴をあける」「曲げる」「延ばす」「一度溶かして金型に流し込み凝固させる」などで、金属を加工します。

工作機械は、金属を切ったり削ったり穴をあけたりする機械です。
正確な定義はこちらを参照ください。
http://www.jmtba.or.jp/machine
当然ですが、溶かしたものを流し込む為の金型も作ります。

やってることは地味ですね。
「削る」「切る」「曲げる」「穴をあける」「延ばす」
しかも名前が工作機械。
本当に地味です。

しかし工作機械は、自分の部品を自分で作り出します。
一方自動車は、自分の部品を工作機械に頼るしかありません。
その為、「機械を作る機械」や「マザーマシン」と呼ばれたりします。

ちょっと興味沸いてきましたか?

強力な職人の味方NCプログラム

工作機械はNC(数値制御)プログラムと呼ばれるもので制御されます。
工具や軸の動きを簡単なルールのプログラムで指定します。

G0 X10 Z10
M02

上例はX10 Z10の位置に高速で位置決めして、プログラム終了と言うNCプログラムです。
文法自体はさほど難しいものではありませんが、複雑な形状(例えば歯車を削りたいとか)になると、
軸や命令が複雑に絡み過ぎて人間の頭では考えられません。

NCプログラムを書くことを専門にする企業もあるようなので、
一概には言えませんが基本的にはCAD/CAMと呼ばれる世界に仕事が移ります。
2次元または3次元CADで設計されたモデルに対し、削り方をシミュレートします。
その結果をNCプログラムとして出力するのがCAMの仕事になります。

CAMが出すNCプログラムより、
人手で作られたNCプログラムの方が移動距離が短く加工時間を短縮できたり、精度が高かったりします。

NCを使用しない場合は、軸の移動速度や回転数など職人の経験がものを言います。

NCを使用する場合は、CAD/CAMの技術がものを言います。

しかし、今回僕が言いたいのはどっちの職人がすごいという話ではありません。

世界のシェア

僕が言いたいのは、わが国の工作機械がすごいという事です。
少しシェアを見てみましょう。

工作機械メーカーでは、DMG森精機(日・独)・トルンプ(独)・シェンヤン マシンツール グループ(中)・ヤマザキマザック(日)・アマダ(日)・DMTG(中)・コマツ(日)・シューラー(独)

NC装置ではファナック(日)・シーメンス(独)・三菱電機(日)。

日本の企業が軒を連ねます。
数年前までは日本・ドイツの2強だったんですがね。
やはり中国の勢いはかなりのものです。
しかし日本勢の力もかなりのものです。
世界の機械の多くが日本企業がつくった工作機械で作られているのです。

しかし本物は多くを語りません。
それどころか下町ロケットで胸を熱くします。
いや・・・あなた方もすごいですよ?

まとめ

町の工場も良いですが、
ものづくりの基礎が日本の機械で支えられているということを
知ってもらえると・・・

まぁ、僕に何のメリットもないので知らなくても良いです。

おわり


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です