プログラマーの4つの職業病


今回はプログラマーの職業病を4つほどご紹介したいと思います。

4つの職業病

たぶんもっといっぱいあるのだと思いますが、あんまり思いつかないのでとりあえず4つ。

①アルファベットの読み方がおかしい
②人様の作ったソフトをデバッグしてしまう
③体の不都合に関する話題が、完全にソフトウェア
④電化製品を制御したくて仕方がない

①アルファベットの読み方がおかしい

結構有名なやつです。
僕たちプログラマーはTを「テー」、Dを「デー」と言います。
何もしらない新人は洗礼を受けます。

「*T*」を「*ティー*」と言ってしまい、僕も先輩からお叱りを受けました。
(*は何文字か入りますが、伏字とさせて頂きます。)

お前、「ティー」とか言ってるけどかっこいいと思ってんのか?「テー」だろ「テー」。

何も知らない僕はキョトンです。

この業界、最近では少なくなってきましたが”D”と”T”を聞き間違えるということで「デー」と「テー」と読み替えさせられます。

A,B,C,デー,E,F,G,H,I,J,K,L,M,N,O,P,Q,R,S,テー,U,V,W,X,Y,Z

何故その二つだけやり玉にあがるのか。
「ティーとディー」、「テーとデー」どっちも聞き間違いの頻度は似たようなもんだと思うのですがね。

とはいえ、従った結果、僕も変な癖がつきました。
何かある度に出そうになります。

NTTからもらった資料PDFにしてDVDに焼いといて。

こんなセリフありえませんが、仮にこれを一息で言うときはNTT,PDF,DVDの部分でちょっとためらいます。
DVDは最後のクセに、Dが2つも含まれている危ないやつですね。
ディーブイデーとか言っちゃうかも。

②人様の作ったソフトをデバッグしてしまう

お店とかで置いてある検索ソフトや展示会などでおかれている展示物のソフトウェア。
弄り倒したくなります。

ちょっとでも矛盾をみつけたらしめたもの。
完全におかしくなるまで色んなことやります。

以前展示会で、我が社の取引先がソフトウェアを展示していました。
上司が面白がって触り始めたので、僕は言いました。

その辺にしときましょうよ。ね?ね?

しかし静止の甲斐なく、とうとうソフトが落ちました。
上司は満足げですが、落ちたソフトは実は我が社が開発したソフトです。
大騒ぎになったのは言うまでもありません。

③体の不都合に関する話題が、完全にソフトウェア

ちなみにワイフも元プログラマーです。
生理で苦しむワイフは、激痛/便秘/出血/味覚がおかしくなる等に怒っています。

ワイフ
「この不具合だらけの子宮、本当に作り直してほしい。絶対新人の神様が作ったに違いない。」


「そこは複雑な機能だからベテラン神が作ったんだと思うよ。
ただ、奇跡的に上手く動いているから、もうその部分は触りたくないだろうね。ちょっと弄ったら色々壊れそうだし。」

ワイフ
「ちょっと体冷やしただけで激痛とか異常系考慮しなさすぎ。
生理の為に腸が動かなくなって便秘になるってどういうこと?影響範囲ちゃんと考慮されてる?
絶対、女で失敗した経験を織り込んだのが男に違いない。あぁ、バージョンアップ版羨ましい。」


「違う違う。男はライト版(機能縮小版)。プレイ時間(平均年齢)短いしウィルスにも罹りやすい。」

ワイフ
「いーや、絶対上位版。パワーもあるし不具合も少ない。」


「そりゃ機能縮小した分シンプルになるからパワーも出るわ。
でも、女の『新しい人間を生み出す機能』なんて間違いなく有料。それに比べ、男の股間ときたら。
機能として全く意味不明な『ウトウトすると股間がマッスル』。
意図しない動きで、結構危険な不具合なのに直す気はゼロ。むしろジョーク機能扱い。」

こんな話題が永遠と続きます。
ワイフが元プログラマーで本当に良かった。

④電化製品を制御したくて仕方がない

これはハードを制御する仕事が多いプログラマー固有の病気かも知れません。
電化製品のインターフェースが気になって仕方がありません。
どういうインターフェースが公開されていて、どうやって指令すれば制御できるのか。

ルンバとか良いですよね。最近iRobotが公開されてるので制御したら楽しそう。
制御できるものは結構お値段が張る為、安い方に目を向けます。
が、掃除しかできないんですよね。

PaSoRiやウェブカメラなどは、安いので誕生日とかに買ってもらって弄り倒します。
制御できたら飽きるので正規の目的で使うことは、まずありません。

ウェブカメラは、簡単なプログラムで、オートフォーカスを切ったりピント弄ったりできた時点で、どうでも良くなってしまいました。
OpenCV使って顔認識できたので、それ以来一度も触ってません。

PaSoRiはFelicaに対してどこまでできるのかが分かった時点で、簡単な勤怠管理ソフトを作って放置です。
我が家で勤怠管理なんてしないので無用の長物ですが。
ちなみに飽きたPaSoRi本体は妻が家計簿をつけるのに有効活用しています。

余談ですが
PaSoRiは免許証のICも一応読めます。
これは意外と面白がられる鉄板ネタです。

まとめ

無くて七癖と言われるように、案外プログラマーの癖を探すのは大変だということに気づきました。
やめときゃ良かった。

とりあえず、思いついた4つを挙げてみました。

おわり


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です