データサイエンティストとプログラマー – その2


21世紀最もセクシーな職業データサイエンティスト。

近年様々な場所で、この分野に力を入れているという話を聞きます。
おそらく本当に必要なのでしょう。
また、僕自身も必要であると感じています。

今回はデータサイエンティストが必要な理由と
データサイエンティストに求めるものについて述べたいと思います。

何故データサイエンティストが必要なのか

日本はIoTの亡霊に憑りつかれ、
これまでに無い速度で大量のデータを集めています。

日本人「IoTってすごいらしいですね?」
外国人「ん?あぁ、そういえば昔流行りましたね。」
日本人「凄いんでしょ?ウチも遅れないように何か始めないと。」

つくづく思うのですが外国人から見たら、
1999年誕生の古い言葉に踊らされる
ただのカモに見えるのではないでしょうか。

Internet of Thingsという用語は1999年にケビン・アシュトン(英語版)が初めて使ったとされ(Internet for thingsという表現を好んだとされる)、当初はRFIDによる商品管理システムをインターネットに例えたものであったが、スマートフォンやクラウドコンピューティングが広まり、この環境全体を表現する概念として転用された。

Wikipedia「モノのインターネット」

例えば、1999年の流行語の一つに「iモード」があります。
外国人「iモードってすごいらしいですね?」
日本人「ん?あぁ、そういえば昔流行りましたね。」
外国人「凄いんでしょ?ウチも遅れないように何か始めないと。」

平成生まれにはわからないでしょうが、
ドコモの電話回線を利用した
インターネットがナウいアレです。

Googleの自動運転を見ては、アレがIoTなのか!!
Amazonの無人コンビニを見ては、これこそがIoTだ!!
ブロックチェーンを見て、IoTはこれで完成する!!
ディープラーニングを見て、IoTのあるべき姿はビッグデータとAIだ!!

IoTをiモードに置き換えてみると・・・。

もう少し目的をもった「自動運転」とか「無人コンビニ」とか
そういったテーマでチャレンジして欲しいものです。

とにかく良くも悪くも目的の有無に関わらず大量のデータが溜まっています。
ま、折角溜めたのですから使いましょう。
いつの時代も情報を制したものが勝つのです。

「なんとなくデータ溜めたら、生産効率がXX倍に!!」
それを実現するのが、データサイエンティスト。

最もセクシーで都合の良い存在です。

データサイエンティストに求めるもの

①巨大で無秩序なデータを取り出す技術
②大量の情報から何らかの傾向を見出すことができる分析力
③どういう風に見せれば良いかの知見
④可視化する技術やプログラミングの技術
⑤統計などの数学的知識
⑥AI関連にも造詣が深い

ちょっと長くなりそうなので、詳細については来週述べます。

まとめ

仮にすべてを兼ね備えた人がいて
なんとなくデータ溜めたら、生産効率がXX倍に
そんな都合の良い未来がくるのでしょうか。

決断の遅い日本人にはかなりありがたい存在です。

おわり


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。