月: 2020年7月


  • WordPress(AWS+Bitnami) – 時刻の9時間ズレ対策

    WordPress(AWS+Bitnami) – 時刻の9時間ズレ対策

    時刻のズレは2種類あります。 Wordpressのソフトで調整している時刻のズレとサーバー本体の時刻のズレ。 今回は時刻のズレについて説明します。


  • WordPress(AWS+Bitnami) – プラグインの移行

    Wordpressの移行作業について記載しています。 今回は、プラグインの移行です。 正直僕は一つずつインストールしなおした方が良いと思います。 既に公開停止になったプラグインもありますし、いる/いらないを見直すきっかけにもなります。 まぁ、でも一括でごそっと移動も必要かもしれませんのでやってみます。


  • WordPress(AWS + Bitnami) – 移行作業(テーマ編)

    Wordpressの移行作業について記載しています。 今回は、テーマの移行です。


  • WordPress(AWS+Bitnami) – 日本語化

    こんなのをわざわざ記事にするまでもないのですが、一応手順を残しておきます。 もしかしたら、誰かの役に立つかもしれませんので・・・。無いなぁ。


  • WordPress(AWS+Bitnami) – 移行作業(画像ファイル)

    最近PHPのバージョンが上がったとかで、bitnamiのイメージを使用してWordpressを立ち上げている人は大変です。 ごそっと新しいWordpressを立ち上げて移行する必要があります。 今回色々やったので、自分へのメモとして、また同じような境遇の人のため手順を残しておきます。 今回はメディアの移行編です。


  • WordPress(AWS+Bitnami) – MySQLデータ移行

    僕は、AWSのEC2でbitnamiを使ってWordpress環境を構築しています。 ここではデータベースデータの移行を行います。


  • VSCode拡張機能のSSH FSでリモート接続

    TeraTermでつなぐのも良いのですが、Visual Studio Code(以下、VSCode)を使用しているとVSCodeで接続したくなります。 今回はVSCodeでSSH接続してみます。


  • WordPress(AWS+Bitnami) – WinSCPで接続

    AWSのEC2でBitnamiイメージを使って立ち上げたWordpressのサーバーとファイルを直接やりとりしたい場合があります。 ここではWinSCPを用いて実現します。


  • WordPress(AWS+Bitnami) – SSL対応(Let’s Encrypt)

    近年、各種ブラウザが「安全ではない」とか「保護されていない」とかおっしゃるのでHTTPS化しました。手順を残しておきます。 前提として、WordpressはAWSのEC2でBitnamiイメージを使用して構築しています。 ドメインはRoute53で紐づけています。


  • WordPress(AWS+Bitnami) – Manageロゴの消し方

    AWS/EC2のBitnamiイメージで構築したWordpressには、自己主張の強い謎のロゴが出てきます。 Manageってやつです。 同じ内容の記事はたくさんありますが、備忘録として残しておきます。