映える記事

ブログのカテゴリとタグを修正したら、
それなりにシュッとしました(個人の感想です)。
アクセス数は激減するので良い子は真似しない方がよいと思います。
本ブログもアクセス数が平日は3分の1,土日は10分の1にシュッとしています。

さて、シュッとしたついでに彩りを添えたくなってきました。
色も自動でつけられたらおしゃれなのでは?というやけくそ。

が、今回の趣旨です。

色付け方法

単純に1文字ずつに色を付けてみようと思います。

しかけは以下の通りです。

  • 文字列をUTF-8で扱う
  • 全ての文字列を1文字ずつに分解する
  • 文字をバイトに直し、べき乗してRGBに割り当てる

※べき乗は4byte変数をオーバーフローさせて使用しています。

これで、自動かつ同じ文字は常に同じ色が割り当てられます。
共感覚の方で文字に色を感じる方がいらっしゃるそうですね。
もしかしたら共感覚を経験できるかも?

共感覚 - Wikipedia


冒頭のこの内容を素材に映える記事を作成してみます。

ブログのカテゴリとタグを修正したら、
それなりにシュッとしました(個人の感想です)。
アクセス数は激減するので良い子は真似しない方がよいと思います。
本ブログもアクセス数が平日は3分の1,土日は10分の1にシュッとしています。

さて、シュッとしたついでに彩りを添えたくなってきました。
色も自動でつけられたらおしゃれなのでは?というやけくそ。

が、今回の趣旨です。

RGB




31,101


2RGB




31,101


3RGB




31,101


4RGB




31,101


5RGB




31,101



個人的には3乗したものの色合いが好きです。
ただ、うるさ過ぎます。

後、編集画面が以下のようになりメンテナンスができません。

これは無しですね。誰もやらないわけです。

おわり

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。