しばらく不定期更新

僕はAWSでBitnamiを使ってWordpressを立上げてるのですが、
数年おきにPHPのバージョンが古いって言われてしまいます。

例によってまた言われるようになりました。
あー、めんどくさい。

PHPのバージョンを上げるだけでも良いのですが、
データベースとかも古いかもしれないので
この際またAWSで新しいインスタンス立ち上げて引越しします。

URLとかは一切変わらない予定ですので、
ここを見てくださる方には何の変化も見えないと思います。

でも、面倒なんですよ。
何度やってもサーバーを弄るのは好きになれませんね。
今回はワードプレスの引越しを楽にするツールを作ってみようと思います。

題して"ワードプレスの引っ越し屋さん"

ま、ネーミングセンスの無さは目をつぶって頂くついでに
開発の進捗に合わせて記事を更新していきますのでしばらく不定期更新になります。

しばらく不定期更新

おわり

記事投稿時の画像の差し替えが面倒(WordPress, VSCode, マークダウン)

全記事を読みたい場合はこちら → ブログ執筆環境改善プロジェクト

掲題の通りです。僕だけでしょうか?

WordPressの投稿機能で直接記事を作成せず、
一度ローカル環境で記事を書いてWordPressの投稿機能から投稿する人は
みんな同じ問題を抱えているかと思っています。

記事を作成しているときはローカル環境だけで完結したい。
それはVSCodeとマークダウンで実現できます。

しかし、ローカル環境にある画像をそのままアップしても階層が異なるのでリンク切れが起きます。
そのため記事投稿時に一つずつ画像のリンクを差し替えていかなければなりません。
本記事ではリンク差し替えの負担を軽減したいと思います。

突然WordPressで画像が表示されなくなった[解決済み] – 画像最適化用プラグイン Smush要因

何故か突然リンクしていた画像が全部見えなくなりました。
何故かこういう時は少しテンションが上がります。謎です。

解決策は簡単でWordpressのプラグインであるSmushを無効化したら解消しました。
どうも不具合みたいですね。ちょっと調べてみます。

WordPress(AWS+Bitnami)-プラグインの移行

WordPressの移行作業について記載しています。

今回は、プラグインの移行です。
正直僕は一つずつインストールしなおした方が良いと思います。
既に公開停止になったプラグインもありますし、いる/いらないを見直すきっかけにもなります。

まぁ、でも一括でごそっと移動も必要かもしれませんのでやってみます。

関連記事 - 「WordPressの構築・運用方法」

WordPress(AWS+Bitnami) – 移行作業(画像ファイル)

最近PHPのバージョンが上がったとかで、bitnamiのイメージのWordpress人は大変です。
新しいWordpressを立ち上げてごそっと移行する必要があります。

今回色々やったので、自分へのメモとして、また同じような境遇の人のため手順を残しておきます。
今回はメディアの移行編です。

関連記事 - 「WordPressの構築・運用方法」

WordPress(AWS+Bitnami) – WordPressの構築

僕はAWSのEC2でBitnamiを使ってWordpressを立ち上げています。

一行の文の名詞がすべてアルファベットという事態。
自分でも何を言っているのかわかりません。

  • AWS → Amazon Web Service
  • EC2 → Elastic Compute Cloud
  • Bitnami → Webサービス等のソフトウェアパッケージのライブラリ
  • WordPress → オープンソースのブログソフトウェア

今回、PHPのバージョンが古いとかで、ブログの移行作業が必要になったので少しまとめて行きます。

関連記事 - 「WordPressの構築・運用方法」