姉妹サイトGitHubサーベイのご紹介

GitHubがあまりに面白いので、
とりあえず概要だけでもさっと確認できるものをつくりました。

GitHubサーベイ@プログラマーやめました

このページで確認できるのは以下の2点。

  • GitHubのスター獲得数の多いリポジトリランキング(全期間・直近12カ月・直近3カ月)
  • 個別のリポジトリの基本的な情報やら開発で使用されている言語リスト

ご興味があればどうぞ。

WordPress(AWS+Bitnami) – デフォルトのユーザーIDの変更方法

bitnamiで自動的にwordpressを立ち上げると、ログイン時のデフォルトのユーザーIDはuser。

セキュリティ的に脆弱ですね。たぶん。
まぁ、変えておくに越したことはありません。

関連記事 - 「WordPressの構築・運用方法」

WordPress(AWS+Bitnami)-時刻の9時間ズレ対策

時刻のズレは2種類あります。
Wordpressのソフトで調整している時刻のズレとサーバー本体の時刻のズレ。
今回は時刻のズレについて説明します。

関連記事 - 「WordPressの構築・運用方法」

WordPress(AWS+Bitnami) – MySQLデータ移行

僕は、AWSのEC2でbitnamiを使ってWordpress環境を構築しています。
ここではデータベースデータ(MySQL)の移行を行います。
移行元と移行先のWordpressが立ち上がっていることが前提です。

データベースからデータを取り出す方法についてはこちらをご参照ください。

関連記事 - 「WordPressの構築・運用方法」

VSCode拡張機能のSSH FSでリモート接続

TeraTermでつなぐのも良いのですが、Visual Studio Code(以下、VSCode)を使用しているとVSCodeで接続したくなります。
今回はVSCodeでSSH接続してみます。

関連記事 - 「WordPressの構築・運用方法」

WordPress(AWS Bitnami) – SSL対応(Let’s Encrypt)

近年、各種ブラウザが「安全ではない」とか「保護されていない」とかおっしゃるのでHTTPS化しました。手順を残しておきます。

前提として、WordpressはAWSのEC2でBitnamiイメージを使用して構築しています。
ドメインはRoute53で紐づけています。

関連記事 - 「WordPressの構築・運用方法」

WordPress(AWS+Bitnami) – Manageロゴの消し方

AWS/EC2のBitnamiイメージで構築したWordpressには、自己主張の強い謎のロゴが出てきます。
Manageってやつです。
同じ内容の記事はたくさんありますが、備忘録として残しておきます。

関連記事 - 「WordPressの構築・運用方法」

WordPress(AWS+Bitnami) – WordPressの構築

僕はAWSのEC2でBitnamiを使ってWordpressを立ち上げています。

一行の文の名詞がすべてアルファベットという事態。
自分でも何を言っているのかわかりません。

  • AWS → Amazon Web Service
  • EC2 → Elastic Compute Cloud
  • Bitnami → Webサービス等のソフトウェアパッケージのライブラリ
  • WordPress → オープンソースのブログソフトウェア

今回、PHPのバージョンが古いとかで、ブログの移行作業が必要になったので少しまとめて行きます。

関連記事 - 「WordPressの構築・運用方法」