行先ボードでも作ってみるか⑫ – 内部設計(ER図)(手戻り)

前回ER図を

  • Draw.io Integration
  • Markdown Preview Mermaid Support
  • A5M2

で書いてみたのですが、どうも後一歩なんですよね。

何が後一歩かというと、以下の内容です。
まぁ、僕の使い方が悪いだけかもしれませんが・・・。

  • 書き方に気を取られて設計に集中できない(Markdown Preview Mermaid Support)
  • 差分が取れない(A5M2, Draw.io Integration)
  • 設計した内容をソースコードに起こしたい
  • 設計した内容からドキュメントを作りたい

で、menDocを作ったのでそっちでER図を作っていきます。

データベース設計中の様子

meDocでテーブル設計している様子。
将来的には図をドラッグ&ドロップできたりすると良いのでしょう。
が、そこまでやる気はありません。

全くの未テストで適当ですが、一応ダウンロード先のリンクを貼っておきます。ご興味があれば。
動作保証は一切いたしません。てへっ。
menDoc Download

動作させるには.Net 5.0のRuntimeが必要です。
.Net 5.0 Runtime Download

menDocを使ってドキュメント作成

まだすごくダサい手順が残っていますが、
以下の流れで作業を行います。

  • menDocで一生懸命テーブルの設計を入力する
  • 左側のMARKDOWNエリアに自動生成されるコードをコピーする
  • VSCodeで.mdのファイルを作成しそこにコピーしたコードを貼る
  • プレビュー表示する

VSCodeには以下の拡張機能を入れてあります。

  • Markdown Preview Enhanced
  • Markdown Preview Mermaid Support

以下、自動生成した内容

ER図

テーブル一覧

No. テーブル名 説明 作成日 作成者
1 ActionPlanTable 現在の行動予定一覧表 2021/03/28 gohya
2 StaffMaster スタッフマスター 2021/03/28 gohya
3 ActionMaster 行動マスター 2021/03/28 gohya
4 DestinationMaster 行先マスター 2021/03/28 gohya

テーブル:ActionPlanTable情報

テーブルの説明:現在の行動予定一覧表

No. PK NotNull サイズ 変数名 説明
1 NVARCHAR 10 StaffID スタッフID
2 - NVARCHAR 50 StaffName スタッフ名
3 - - NVARCHAR 10 ActionID 行動ID
4 - - NVARCHAR 50 ActionName 行動名
5 - - NVARCHAR 10 DestinationID 行先ID
6 - - NVARCHAR 50 DestinationName 行先名
7 - - DATETIME - FromTime 開始時刻
8 - - DATETIME - ToTime 終了時刻
9 - - NVARCHAR - Memo 備考

テーブル:StaffMaster情報

テーブルの説明:スタッフマスター

No. PK NotNull サイズ 変数名 説明
1 NVARCHAR 10 StaffID 従業員ID
2 - NVARCHAR 50 StaffName 従業員名
3 - BIT - Display 表示(True)/非表示(False)
4 - DATETIME - CreateDate 作成日時
5 - NVARCHAR 50 CreateUser 作成者

テーブル:ActionMaster情報

テーブルの説明:行動マスター

No. PK NotNull サイズ 変数名 説明
1 NVARCHAR 10 ActionID 行動ID
2 - NVARCHAR 50 ActionName 行動名
3 - DATETIME - CreateDate 作成日時
4 - NVARCHAR 50 CreateUser 作成者
5 - DATETIME - UpdateDate 更新日時
6 - NVARCHAR 50 UpdateUser 更新者

テーブル:DestinationMaster情報

テーブルの説明:行先マスター

No. PK NotNull サイズ 変数名 説明
1 NVARCHAR 10 DestinationID 行先ID
2 - NVARCHAR 50 DestinationName 行先名
3 - NVARCHAR 10 ActionID 行動ID
4 - DATETIME - CreateDate 作成日時
5 - NVARCHAR 50 CreateUser 作成者
6 - DATETIME - UpdateDate 更新日時
7 - NVARCHAR 50 UpdateUser 更新者

まとめ

いやぁ、だいぶ設計に集中できる仕組みになりました。
自画自賛。

ただ、ER図に主キーやNotNullが表れないのと
型のサイズが表示できないことが不満です。

テーブル設計の情報だけで
Insert/Update/Delete/Selectができる画面つくれてもよさそうです。
欲が出てきて行先ボード作りからどんどん離れていきます。

おわり

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。