行先ボードでも作ってみるか⑭ – 中間集計

行先ボード開発ですが、
開発前の資料がおよそ揃ってきたのでそろそろ開発に入れそうです。
そこで開発に入る前の計画と実績の中間集計を行いたいと思います。

今回寄り道をしてしまったのでかなり怖いです。
では集計していきます。


見積もりについてはこちらをご参照ください。

集計結果は以下の通りになります。

合計で14.9時間のマイナス。

全体の見積もりが118.5時間(行先ボードでも作ってみるか⑤ – 見積参照)でした。
現在は内部設計まで終わったので、31.6時間の地点です。約27%のプロジェクトが完了しています。
しかし、消化してしまっているコストは46.5時間。約39%消化しています。

外部設計と内部設計はプラスで完了しておりマイナスは完全に寄り道分です。
寄り道というべきか内部設計というべきか悩みましたが
寄り道分に手戻りのER図とクラス図を含めています。


所感について述べます。
今回のプロジェクトは以下の点でかなり簡単です。

  • メンバーが僕一人
  • 会議や質問など作業を中断してくる割り込みがない
  • 規模が小さい
  • 時間を細かく管理できる

「メンバーが僕一人」なのでモチベーション管理やコミュニケーションが不要です。
「割り込みがない」ので集中を中断されることはありません。
「規模が小さい」は成果物の曖昧さが小さいため作業時間の振れのリスクが小さい。
「時間を細かく管理できる」というのは少し説明します。

会社にいると8時間なら8時間何かをやっていたと報告する必要があります。
会社側のプロジェクトは8時間から引き算していって残ったものが開発工数。
家でのプロジェクトは純水に開発に使った時間が開発工数。
全然意味合いが違います。

それでいてこの実績。お話になりません。
イタタタタ・・・。


良かれと思ってやった寄り道が完全に仇になってます。
さて、ここからリカバリできるのでしょうか?
そりゃ、無理でしょう。
そんな裏技どこにもありません。

ファストトラッキングですか?
ん~。僕の口からは何とも・・・。

おわり

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。