IT技術者の性別における給与差

IT技術者の性別による給与差が気になったので調べてみました。
僕の感覚では男性の方が女性に比べおよそ100万円くらい高いと考えていたのですが、
もう少し正確に知りたいと考えました。

ちょっと見ていきます。


  • 国内のプログラマーの給与の性別差

e-Stat 統計でみる日本 https://www.e-stat.go.jp/dbview?sid=0003084964
1000人以下の規模で2010年-2019年のデータ

年収差は対象期間平均で48万円程度です。
年収比率で言えば男性に対し女性の年収はおよそ90%程度。

  • 国内のシステム・エンジニアの給与の性別差

e-Stat 統計でみる日本 https://www.e-stat.go.jp/dbview?sid=0003084964
1000人以下の規模で2010年-2019年のデータ

年収差は対象期間平均で78万円程度です。
年収比率で言えば男性に対し女性の年収はおよそ85%程度。

僕は漠然と100万円程度の差があると考えていたのですが、そこまで差は無いようです。
100万円をこえるのはシステムエンジニアの2013年だけでした。

  • 国内プログラマーの所定内給与の性別差

体力的な問題もあり残業時間で差がついてるかもしれないので
所定内給与(残業抜きの月収)でも見てみます。

所定内給与差は対象期間平均で3.2万円程度です。
比率で言えば男性に対し女性の所定内給与はおよそ88%程度。

  • 国内システムエンジニアの所定内給与の性別差

所定内給与差は対象期間平均で5万円程度です。
比率で言えば男性に対し女性の所定内給与はおよそ85%程度。

年収差とそう大差ありません。
賃金格差は残業時間の差ではなさそうです。


同一労働同一賃金といいますが、
世界的にみてもOECD加盟国を中心に見ると同一労働に対しての性別ギャップは14%前後あるようです。
同じ技術力で同程度の仕事量だったとしても賃金の差が埋まることは無いと考えます。

Global Gender Gap Report 2020
http://www3.weforum.org/docs/WEF_GGGR_2020.pdf

自分の国で似たような仕事にたいして同一賃金かどうかを質問した内容です。
OECD加盟国に関しては微妙に改善している感があります。

学歴別初任給の性別差です。
初任給の差は数千円と、ほぼありません。

厚生労働省 - 令和元年賃金構造基本統計調査結果(初任給)の概況:1 学歴別にみた初任給


プログラマーやシステムエンジニアの性別による給与格差は10-15%と世界的に見ても普通です。
初任給での性別差はほぼありません。10%-15%の差は昇給額の差と考えられます。
プログラマー業界において能力における性別差はありません。
能力とは無関係の性別でここまで賃金差が出るのも謎です。
年収400万円ならば40-60万円ほどの差がついています。

技術者である以上、純粋に技術力で評価したいものです。
例えば課題を解決した数や難易度とか。

やっぱギルド受注方式か・・・。楽しそう。

IT技術者の性別における給与差

おわり

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。