なぜなぜハラスメント

僕はXXハラスメントという言葉が苦手。
コンプライアンステストというのを会社で受けるが大体間違える。
いつも選択肢が絶妙なのだよ。

セクハラ・パワハラ・マタハラ・モラハラ・家事ハラ・・・。

ハラスメントっていう人がハラスメントですぅ~
このコンプライアンステスト自体がハラスメントですぅ~

と、小学生ばりのセリフを吐いたところでただのアホだ。
そのくせハラスメントの言葉を増やそうという今回の趣旨。


カイゼン・見える化・カンバン方式・7つのムダ・QC7つ道具・・・
数々のわかりやすいフレーズを作ったトヨタ式。
あんまりよく知らんのだけれども。

割と有名なのが「なぜなぜ分析」
「なぜを3回(5回)繰り返せ」とか「5W1HのWはすべてWhy」とか
ロジカルシンキンガーに考えやすい枠組みを提供してくれた。
マインドマップやら特性要因図・プロセスフローダイアグラムやらを使って分析したこともあるかもしれない。

なぜなぜ分析はとても素晴らしいツールだと思う。
僕も結構使う。そんなツールが今、パワハラの道具として使われている。


何度も聞き返されるとストレスに感じる人もいると思う。
人の感情に敏感な人は2回くらい聞き取れなかったら
次聞き返すのをやめるだろう。

「なぜ」で聞き返されるのは聞き取れないより暴力的だ。
言い方や言う人にもよるけれども、
例えそういう場だとわかっていても「なぜ」数回で心が折れる。

試しに仲の良い恋人や友達にやってみると良い。
相手の言葉すべてに「なぜ」で返す。
相手にトラウマを植え付けて、関係は修復不可能なほどに悪化するかもしれない。

自分に「なぜ」と問いかけるのは良いと思う。
一緒に考えるのも良いと思う。
人に「なぜ」と問いかけるのはやめた方が良いと思う。


上下がないパワー関係でも「なぜ」の殴打はキツイ。
相手より立場が下だともっとつらいと思う。
立場や年齢が上の人が下に対して「なぜ」で圧迫する様子をよく見かける。
原因は自分か他人の「能力」か「意識」で、対策は「頑張る」だ。
頑張って勉強(教育)する、頑張って確認する(させる)。

「なぜ」と問うのではなく「なんでだろう」と考えるべきだと思う。
なんでだろう分析。テツandトモ?

なぜなぜハラスメント。

おわり

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。