クラスとは何か

オブジェクト指向の概念であるクラス。
クラスとは何かと聞かれると最近の答えの流行りは設計図のようですね。
僕はあまりしっくり来ません。

設計図はクラス図のことで、UMLやSysMLの図の中の一つです。
少し大きめのソフトウェアを作る時、僕はクラス図を書いてクラス設計をします。

クラスが設計図ならクラス設計は設計図設計になってしまいます。
何かがおかしい。

僕はC言語からプログラマーの世界へ入ってるので、
オブジェクト指向否定派の一人でした。

オブジェクト指向の嬉しさが全くわからず調べてみても自動車やら動物やらの例ばかり。
で、何が嬉しいの?が全くわからない。
抽象化、多様性、ポリモーフィズム、カプセル化・・・だから何?

そんな僕がクラスの嬉しさについて少し語ってみようかと思います。
クラスの嬉しさは「再利用」と考えるのが良いのではないかと僕は考えます。

コマンドプロンプト起動時に「指定されたパスが見つかりません。」と怒られる問題(解決済み)

現象はこれです。

何故かコマンドプロンプトを起動すると怒られるようになりました。
解消したのでメモを残しておきます。

プログラマーを目指す40代のあなたへ

よもやよもやですね。40代?
これからプログラマー目指しますか?
ありですね。なぜかって?

それはソフトウェアの目利きです。

では、40代の人がプログラマーを目指す場合どうすべきかについてご説明します。
あくまで個人的な意見ですので悪しからず。

プログラマーを目指す30代のあなたへ

30歳定年説やら35歳定年説と
プログラマーは長く続けられない仕事として有名です。
体力仕事ですのでIT土方と言われたりもします。

IT企業に所属するこの年齢はマネジメントをしつつ後進の育成に取り組みます。
自分でつくるのではなく部下に作らせることが中心です。
1つ2つ得意なプログラミング言語を持ちながら、
自分より劣る若手の技術力でお金をもらいます。

さて、そんな年齢であるはずの30代で未経験。
そういう人がプログラマーを目指す場合、どうすべきかについてお伝えします。

プログラマーを目指す20代のあなたへ

人生において大きな変化が連続で来るのが20代です。
選択肢一つでその後の人生が大きく変わります。

また、体力も充実していてスポンジが水を吸うかのような吸収力。
20代の目標が高ければそれだけその後の到達点が高くなります。

僕は誰にでも平等に人生で3つのエキサイティングで面白い
チャンスが待っていると考えます。

  1. 大学受験
  2. 就職
  3. 結婚

20代は既に1つ目を終えています。残すは就職と結婚のみ。
さて、その大事なチャンスの一つである就職で僕はプログラマーをお勧めします。

一応お断りしておきますが、僕はあなたの人生に責任を持ちません。
判断は自己責任でお願いします。

プログラマー速攻入門 – 電卓開発プロジェクト

プログラマー速攻入門関連の記事です。
全体を見たい方はこちらへどうぞ。

ここまで電卓開発を数回推奨してきましたが、
もう少し補助輪が必要かと思いますので書いてみました。
プログラムの書き方などについては一切触れません。

さ、元気よく行きましょう。

プログラマーを目指す10代のあなたへ

もしあなたが10代であればプログラマーを目指しましょう。

プログラマーの良さはパソコン一つで色んなものがつくれることです。
ハードウェアの世界は場所、原材料、設備が必要であったりと
アイデアがあっても中々簡単には作れません。
一方プログラマーはパソコン一つあれば後はアイデア次第です。

プログラマーになってみたいと思いませんか?

Visual Studio 2019とGitHubの連携

プログラマー速攻入門関連の記事です。
全体を見たい方はこちらへどうぞ。

GitHubの目的はバージョン管理です。
GitHubのアカウントを作っただけでは何も面白くありません。

GitHubとVisual Studioを連携させていきます。

Visual Studio Community 2019の使い方

プログラマー速攻入門関連の記事です。
全体を見たい方はこちらへどうぞ。

今回はVisual Studioの使い方に取り組みます。

ちょっと長いですけど頑張ってください。
これをやればまっさらの状態からどうやってアプリを作るのかがわかります。

では、参りましょう。これであなたもプロの仲間入りです。