拡張子を限定して特定の文字数で線を引きたい(VSCode)

拡張子を限定して特定の文字数で線を引きたい(VSCode)

一行あたりの読みやすい文字数は30〜40字だそうです。
正直全く意識せず記事を書いてきましたが、読みやすいならその方が良い。
ということで、しばらくそれに従って書いてみようとおもいます。

そんな時でもVSCodeは便利です。

VSCodeで参加者を実行しています…が出る問題(解決済み)

VSCodeのツリー上でファイル操作をすると
以下のメッセージが画面右下に出て困りました。

"'ファイル コピー' 参加者を実行しています...",
"'ファイルの作成' の参加者を実行しています...",
"'ファイルの削除' の参加者を実行しています...",
"'ファイル名の変更' の参加者を実行しています...",

原因までは突き止められていませんが僕の環境は以下の方法で直っています。

  • vscode-iconsアンインストール
  • VSCode再起動
  • vscode-iconsインストール

記事投稿時の画像の差し替えが面倒(WordPress, VSCode, マークダウン)

全記事を読みたい場合はこちら → ブログ執筆環境改善プロジェクト

掲題の通りです。僕だけでしょうか?

WordPressの投稿機能で直接記事を作成せず、
一度ローカル環境で記事を書いてWordPressの投稿機能から投稿する人は
みんな同じ問題を抱えているかと思っています。

記事を作成しているときはローカル環境だけで完結したい。
それはVSCodeとマークダウンで実現できます。

しかし、ローカル環境にある画像をそのままアップしても階層が異なるのでリンク切れが起きます。
そのため記事投稿時に一つずつ画像のリンクを差し替えていかなければなりません。
本記事ではリンク差し替えの負担を軽減したいと思います。

ブログ執筆環境を整える(WordPress, VSCode, マークダウン, PasteImage)

全記事を読みたい場合はこちら → ブログ執筆環境改善プロジェクト

僕は文章を書くのはたぶん好きですが、
記事を書く以外が色々面倒くさくて嫌になります。
今回はブログの執筆環境を整えていくことにします。

ブログ記事の整理プロジェクト – WordPressの記事の取り出し

ブログ記事の整理プロジェクト続編です。
最初から読みたい変わり者はコチラへどうぞ → ブログ記事の整理プロジェクト

ブログの記事を整理するために形態素解析の準備をしています。
何を言っているかわからない方、その感覚は正しい。
でも、深く考えない方がよいと思います。
ブログの整理がイヤで趣味に走ってる感は否めません。

前回記事の取出方法の候補を4つ挙げました。
諸般の事情により3の方針でいきます。

  1. WordPressのREST APIで記事を取得する
  2. WordPressのデータベースから直接クエリで取り出す
  3. バックアップファイルから取り出す
  4. Webページに直接アクセスしてリンクを順に辿っていき記事のHTMLを取り出す

WindowsサービスアプリでAppData/Roamingにつくったファイルが見つからない

行先ボードアプリをサービス登録して実行させたのですが、
本来あると期待していた場所にファイルがない。
このアプリはAppDataのRoaming配下の行先ボード用フォルダにファイルを作成するハズだったのです。
PC内全てをファイル検索しても該当するファイル名がない。
ただ、サービスアプリは何故かファイルを認識してアプリに状態が反映されている。
不可解な現象。正直ホラーです。

僕はホラーが苦手です。
ちょっとこわくて泣きそうになりました。

行先ボードでも作ってみるか⑱ – 行先ボードアプリの紹介

行先ボードアプリの初版がおよそ出来上がってきました。
もうちょっとテストしたら1.0.0.0のバージョンにしてリリースします。

今回はどんなものを作ったかご説明します。

この記事は特にメンテナンスしませんので確認される頃には情報が古くなっているかもしれません(2021/4/27時点)。
最新情報は以下でご確認ください。

https://github.com/zeikomi552/Destinationboard

行先ボードでも作ってみるか⑰ – 行先ボードアプリの技術紹介

行先ボードアプリですが大したことをしていません。
ただ、簡単に実装できるのも色んな人が技術をタダで提供してくれているからだと思います。
敬意を払って使わせて頂いた技術についてご紹介します。

行先ボードでも作ってみるか⑨ – 内部設計(gRPC調査)

プロセス間通信。あまり良い思い出がありません。

  • ファイルによるリアルタイム共有
  • 共有メモリ
  • メモリマップトファイル
  • セマフォ

ネットワーク越しのプロセス間通信もなかなかです。

  • .NETリモーティング
  • WCF

2016年にGoogleがリリースしたgRPC。
ちょっと使ってみたかったので今回この技術を採用しようと思います。
調査結果というほどでもないですが、おおまかな手順とちょっと使ってみた感想について述べます。

Visual Studio Codeで図を描く – Draw.io Integration

勉強不足で全然知りませんでしたがdraw.ioって有名みたいですね。
それがどうもVSCodeの拡張機能として実装されたみたいです。
使ってみた感じ結構使いやすい。
これはかなりうれしい。