ソフトウェア開発プロセス – 自己流プロセス

ソフトウェアの開発プロセスは混とんとしています。
プロジェクトは基本的にプロジェクトマネージャーやプロジェクトリーダーの理論(持論)やクセで進みます。
中小企業規模のソフトウェアハウスで、きちんとプロセスモデルが定義されているところは少ないでしょう。

ある日突然リーダーやマネージャーに抜擢され、
特に教育を受けることもなく自己流のマネジメントをします。
プロセスすら固まっていないのでマネジメントがうまく行かなくても仕方ありません。
一人で開発する場合はフレキシブルに開発できますが、複数人で開発する場合はそうも行きません。

自信をなくし
「マネジメントしたくない。プログラマーとしてやっていきたい。」
そう考えるプログラマーやプロジェクトマネージャー・リーダーは多いです。
優秀なプログラマーからプロジェクトマネージャーになる人は特にそうですね。
知識不足だけで自分の可能性に線を引いてしまうのは、もったいない話です。

今回は少しプロジェクトマネジメントにおけるプロセスについて考えてみます。
どんなものがあるのか知っておくだけでも有意義です。

設計が通じないプログラマー

ソフトウェア開発においてプロセスは非常に重要です。
つまりどうやってソフトウェアを作るのかです。

しかし多くの中小零細企業はこのプロセスが人依存になっており、言葉の解釈もまちまちです。

実は「設計」の意味ですら通じ合えません。
今回は、少しその辺についてお話ししたいと思います。