環境構築手順 – データサイエンス時のPythonのインストール(Anaconda編)

データサイエンス関係でPythonを使いたい場合は
Anacondaをインストールします。

ここにある画像はご自由にご使用ください。

行先ボードでも作ってみるか⑬ – 内部設計(クラス図-行先ボードGUIアプリ)(手戻り)

クラス図もmenDocを作成したので書き直します。

gRCPを使ってみた感じからすると、
gRPCを使用する部分はプロジェクトファイルを分けた方がよさそうです。
元々GUIアプリ(クライアント側)→GUIアプリ(サーバー側)→データベース
というような構成で考えていましたがちょっと方針転換します。

GUIアプリ(クライアント側) → 共通ライブラリ(gRPC) → コンソールアプリ(サーバー側)→データベース
こんな感じで行こうかと思います。

名前を付けておきます。

  • 行先ボード(ユーザー操作用):Destinationboard
  • 行先ボードサーバー(データベース操作用):DestinationboardServer
  • 行先ボード通信ライブラリ(gRPC用):DestinationboardCommunicationLibrary

menDocを使用して設計していきます。