WordPress(AWS+Bitnami) – PowerShellでファイルを一括保存

今回はコンテンツ系ファイルの取り出しの簡易化を試みています。

※圧縮の際のパス間違っていたので修正しました(2020/07/30)。

htdocs/wp-contentの下にある以下のフォルダです。

  • plugins
  • uploads
  • themes

WordPress(AWS+Bitnami) – ログイン画面のurlを変更する

今回は、Wordpressのwp-adminやwp-loginで管理者ログイン画面に行けないようにします。

セキュリティって大事ですよね。
何か起こった時に「ここまでやってたのにダメだった」って言い訳するための保険。
基本、ディフェンスよりオフェンスの方が有利なのでテンション下がります。
セキュリティ頑張ると何かと不便になるし・・・。

まぁ頑張ります。

WordPress(AWS+Bitnami) – デフォルトのユーザーIDの変更方法

bitnamiで自動的にwordpressを立ち上げると、ログイン時のデフォルトのユーザーIDはuser。

セキュリティ的に脆弱ですね。たぶん。
まぁ、変えておくに越したことはありません。

関連記事 - 「WordPressの構築・運用方法」

WordPress(AWS+Bitnami)-時刻の9時間ズレ対策

時刻のズレは2種類あります。
Wordpressのソフトで調整している時刻のズレとサーバー本体の時刻のズレ。
今回は時刻のズレについて説明します。

関連記事 - 「WordPressの構築・運用方法」

WordPress(AWS+Bitnami)-プラグインの移行

WordPressの移行作業について記載しています。

今回は、プラグインの移行です。
正直僕は一つずつインストールしなおした方が良いと思います。
既に公開停止になったプラグインもありますし、いる/いらないを見直すきっかけにもなります。

まぁ、でも一括でごそっと移動も必要かもしれませんのでやってみます。

関連記事 - 「WordPressの構築・運用方法」

WordPress(AWS+Bitnami) – 移行作業(画像ファイル)

最近PHPのバージョンが上がったとかで、bitnamiのイメージのWordpress人は大変です。
新しいWordpressを立ち上げてごそっと移行する必要があります。

今回色々やったので、自分へのメモとして、また同じような境遇の人のため手順を残しておきます。
今回はメディアの移行編です。

関連記事 - 「WordPressの構築・運用方法」

WordPress(AWS+Bitnami) – MySQLデータ移行

僕は、AWSのEC2でbitnamiを使ってWordpress環境を構築しています。
ここではデータベースデータ(MySQL)の移行を行います。
移行元と移行先のWordpressが立ち上がっていることが前提です。

データベースからデータを取り出す方法についてはこちらをご参照ください。

関連記事 - 「WordPressの構築・運用方法」

VSCode拡張機能のSSH FSでリモート接続

TeraTermでつなぐのも良いのですが、Visual Studio Code(以下、VSCode)を使用しているとVSCodeで接続したくなります。
今回はVSCodeでSSH接続してみます。

関連記事 - 「WordPressの構築・運用方法」