WordPress(AWS+Bitnami) – MySQLデータ移行

僕は、AWSのEC2でbitnamiを使ってWordpress環境を構築しています。
ここではデータベースデータ(MySQL)の移行を行います。
移行元と移行先のWordpressが立ち上がっていることが前提です。

データベースからデータを取り出す方法についてはこちらをご参照ください。

関連記事 - 「WordPressの構築・運用方法」

VSCode拡張機能のSSH FSでリモート接続

TeraTermでつなぐのも良いのですが、Visual Studio Code(以下、VSCode)を使用しているとVSCodeで接続したくなります。
今回はVSCodeでSSH接続してみます。

関連記事 - 「WordPressの構築・運用方法」

WordPress(AWS Bitnami) – SSL対応(Let’s Encrypt)

近年、各種ブラウザが「安全ではない」とか「保護されていない」とかおっしゃるのでHTTPS化しました。手順を残しておきます。

前提として、WordpressはAWSのEC2でBitnamiイメージを使用して構築しています。
ドメインはRoute53で紐づけています。

関連記事 - 「WordPressの構築・運用方法」

WordPress(AWS+Bitnami) – Manageロゴの消し方

AWS/EC2のBitnamiイメージで構築したWordpressには、自己主張の強い謎のロゴが出てきます。
Manageってやつです。
同じ内容の記事はたくさんありますが、備忘録として残しておきます。

関連記事 - 「WordPressの構築・運用方法」

WordPress(AWS+Bitnami) – TeraTermで接続

普通にハマりました。
AWS上に構築したインスタンス(WordPressが動作しているサーバー)に接続で苦労しました。
ハマりどころが無いのにハマるという非常に恥ずかしい事態。

日本の生産性に少しでも貢献できるようメモを残しておきます。

関連記事 - 「WordPressの構築・運用方法」

WordPress(AWS+Bitnami) – WordPressの構築

僕はAWSのEC2でBitnamiを使ってWordpressを立ち上げています。

一行の文の名詞がすべてアルファベットという事態。
自分でも何を言っているのかわかりません。

  • AWS → Amazon Web Service
  • EC2 → Elastic Compute Cloud
  • Bitnami → Webサービス等のソフトウェアパッケージのライブラリ
  • WordPress → オープンソースのブログソフトウェア

今回、PHPのバージョンが古いとかで、ブログの移行作業が必要になったので少しまとめて行きます。

関連記事 - 「WordPressの構築・運用方法」