Python(データサイエンス系)プログラマー速攻入門

Python,パイソン,ぱいそん。
近年、Pythonが人気ですよね。

Web開発であればJavaScriptやTypeScript。
Microsoft系であれば.NET C#や.NET VB。
組込や速度重視の本気のライブラリ開発ならC言語やC++。
統計ならR言語。

なぜ、Pythonなのか?統計パッケージはR言語の方が充実です。
Webやネイティブアプリ開発であればそれぞれ適した言語があります。
おそらくPythonの人気の理由は圧倒的に充実している機械学習への期待値でしょう。

まだまだ未開拓の領域ですので一攫千金あるかもしれませんね。

では、Python(データサイエンス系)入門編です。
元気よく取り組んでまいりましょう。

Jupyter Notebookの使い方 – Pythonでデータ分析入門

Pythonでデータ分析するにはとJupyter Notebookが楽です。
理由はデータ分析用のAnacondaをインストールすれば
Python環境も出来上がるしJupyter Notebookもついてくるからです。

今回はJupyter Notebookの使い方を簡単にご説明します。

環境構築:VSCodeでPythonを使用する

Anacondaをインストールしたり素のPythonをインストールしたりしてもVSCodeで使えません。
ターミナルで実行することはできますがそれもちょっと違うんですよね。

そこで拡張機能をVSCodeにインストールします。

環境構築:アプリケーション開発用にPythonをインストール

データサイエンスをしたい場合はAnacondaのインストールをご参照ください。
こちらはPython使ってアプリケーション開発したい場合などに使用します。

ここにある画像はご自由にご使用ください。

GitHubの人気リポジトリから見る開発言語の将来性

どの言語を学べばよいか。
僕は月並みなことしか答えられません。
何より僕が一番その答えを欲しています。

最近、統計や機械学習の勢いはすごいからPythonが良いんじゃない?
真剣に統計やりたいんならRから入らないと・・・ライブラリも充実してるし。
最近GO言語ってのが流行ってるらしい。ちょっと興味あるよね。
そういや昔Rubyってのよく聞いたよね。やっぱ国産(出雲の島根県)だし覚えておくべきかな。
iOSのアプリを開発したかったらObjective C++をやらないとね。
Appleはもうアレかも。Androidの方が良いよ。やっぱJavaでしょ
でも複数のプラットフォームに対応しているからXamarinなんてどう?
最近GoogleがKotolinっての出したらしいよ。やってみたら面白いんじゃない?

そんな感覚的な答えはもう要りません。
ちょっとGitHubに聞いてみます。