Git Hubのリポジトリの消し方

僕が最初にインターネットを触った高校時代。
クソでかい緑がかったブラウン管の画面。
電話回線を使用していて国際電話接続におびえながらのインターネットです。悪いことしてる感がたまりません。もう20年か。

人には言えないサイトを見るため雑誌に載っていたURLをブラウザに打ち込みました。URL入力欄です。
消せませんでした。

元に戻せる。無かったことにできる。というのは大事です。
今回はGit Hubのリポジトリの削除について残しておきます。

手順

  • Git Hubにログイン
  • 削除

詳細手順

Git Hubにログイン

もう見慣れた画面です。英語しか書いてなくてもビビりません。
TOEIC500点台をナメるな。

github-delete-repo-topwindow

削除

削除するリポジトリを選択します。

github-delete-repo-selectrepo

Setting

github-delete-repo-settings

ずっと下にスクロールします。

github-delete-repo-settings-window-scrol

Danger Zoneに到着。中々で煽ってきますね。
Delete this repositoryを選択します。

github-delete-repo-settings-dangerzone

確認のため赤枠内の文字列を入力しろと言ってます。

github-delete-repo-settings-type-confrimword

赤いボタンで不安をあおってきます。
I understand the consequences, delete this repository
(私は結果を理解しています,このリポジトリを削除しろ.)
あくまで命令されてやったというスタンスですね。
人は命令されると残酷なことでもできるのです。
と、そんな重たい話ではありません。黙って消せ。

github-delete-repo-settings-orderbutton

まとめ

これで安心してリポジトリを作りまくれます。

おわり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。