Toutoise GitでGitHub連携

今回はTortoiseGitでGitHubにSSH接続します。
メリットとしては、いちいちパスワード入力しなくてもGitHubへのPushができる点です。
後、通信の際の安全性ですかね。

考え方は簡単でGitHubに公開鍵を渡して秘密鍵をローカルに保存。
TortoiseGitが勝手にそのカギを使って安全に通信してくれるという仕組みです。

ざっくり手順

  • Gitのインストール
  • TortoiseGitのインストール
  • OpenSSHを使用して秘密鍵・公開鍵を作成する
  • GitHubに公開鍵を渡す
  • TortoiseGitの暗号化ツールをOpenSSHに変更する
  • GitHubからClone

手順詳細

こちらの手順と同じです。
Visual Studio CodeでのGitHub連携も同時にできてお得です。 → VSCode – GitHubにSSHで接続する

TortoiseGitの暗号化ツールをOpenSSHに変更する

先程の手順で作った秘密鍵はOpenSSH形式。
TortoiseGitでデフォルトで入っている通信用のツールはPiTTY形式。
なので、OpenSSHに通信用のツールを変更します。


何でも無いところで右クリック
→ TortoiseGit → 設定

github-tortoisegit-ssh1


ネットワーク → SSHでにOpenSSH.exeのパスを指定してOK

OpenSSHのパス。
C:\Windows\System32\OpenSSH\ssh.exe

github-tortoisegit-ssh4

GitHubからClone

GitHubのとってきたいリポジトリに行きます。
今回は以下の例は僕が大好きなVSCode

Code → Use SSHを選択します。

github-tortoisegit-ssh3

SSHのパスはこんな感じですね。

git@github.com:microsoft/vscode.git

SSHのパスと自分が作業するローカルのフォルダを指定
OK

github-tortoisegit-ssh5

とってきてくれます。

github-tortoisegit-ssh6

まとめ

僕は基本VSCodeでGitの操作しています。
TortoiseGitはあくまで補助的な位置づけです。
Cloneはこっちの方が便利です。

おわり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。