WordPress(AWS+Bitnami) – WordPressの構築

僕はAWSのEC2でBitnamiを使ってWordpressを立ち上げています。

一行の文の名詞がすべてアルファベットという事態。
自分でも何を言っているのかわかりません。

  • AWS → Amazon Web Service
  • EC2 → Elastic Compute Cloud
  • Bitnami → Webサービス等のソフトウェアパッケージのライブラリ
  • WordPress → オープンソースのブログソフトウェア

今回、PHPのバージョンが古いとかで、ブログの移行作業が必要になったので少しまとめて行きます。

関連記事 - 「WordPressの構築・運用方法」

手順

まずは手順。慣れれば5分です。

  1. 仮想マシンの作成
  2. WordPressにログイン

仮想マシンの作成

「仮想マシンを起動する」を選択

「仮想マシンを起動する」を選択

aws-vpc-start

AWS Marketplaceを選択

AWS Marketplaceを選択

aws-marketplace

AMIの選択

検索欄にwordpressと入力しEnter → WordPress
Certified by Bitnami and Automatticを選択

aws-ami-choice

似たようなやつで、
WordPress with NGINX and SSL Certified by Bitnami and Automattic
もいるが、別にどちらでもよい。Web ServerがApacheかNgingXかの違い。僕のサイトは基本Apacheで説明していく。

Continue

Continueを選択する

aws-ami-bitnami-choice

インスタンスタイプの選択

t2.microを選択 →「確認と作成」を押す

aws-t2micro-choice

お金持ちはもっと高スペックのものを選べば良い。

インスタンス作成の確認

起動

aws-bitnami-start

キーペアの作成

新しいキーペアの作成を選択する。
※キーペアなしで続行を選ぶと事故。

たぶん最初に困るのはManageのアイコン。消せなくて困る。

aws-bitnami-newkeypair

キーペア名は適当に決めて[キーペアのダウンロード]を選択。→インスタンスの作成
ここでしかダウンロードできないので、必ず保管しておくこと。

aws-bitnami-keypair-download

インスタンスの表示

インスタンスの表示を選択

aws-bitnami-workstatus

出来上がったWordpressの表示確認

出来上がったインスタンスを選択して、IPアドレスをコピー

aws-bitnami-instance

ブラウザのURL入力欄にIPアドレスを入れる
結構起動まで少し時間がかかる2~3分?最近ちょっと遅くなった気がする。
諦めず何度かトライ。

wordpress-url-input

完成!!(バージョンによって見た目は異なります。)

wodpress-start

WordPressにログイン

インスタンスを選択 → アクション → インスタンスの設定 → システムログの取得

aws-systemlog-menu

赤枠部分の文字列をコピー(これがパスワード)
ちなみにユーザー名はuser

aws-systemlog-password

https://(IPアドレス)/wp-admin
ユーザー名とパスワードを入力→ログイン

wordpress-login

まとめ

AWSは優秀ですね。
ほんと5分でできます。

おわり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。