WordPress(AWS+Bitnami) – デフォルトのユーザーIDの変更方法

bitnamiで自動的にwordpressを立ち上げると、ログイン時のデフォルトのユーザーIDはuser。

セキュリティ的に脆弱ですね。たぶん。
まぁ、変えておくに越したことはありません。

関連記事 - 「WordPressの構築・運用方法」

概要

これを変えたい。

howtowordpress-username-change

bitnamiでWordpressを立ち上げるとすごく簡単で良いのですが、このユーザー名はいただけません。

しかも質が悪いことに、変更も削除もできないという始末。

新しく作ったユーザーには削除があるのにuserには削除が無い様子

howtowordpress-username-del

ニックネームしか変更できない様子。

howtowordpress-username-nochange

まぁ、何とか変えてみましょう。
bitnamiで立ち上げてると宣言してしまった以上、我がブログも脆弱です。
誰が攻撃してくるのかは知りませんが。

手順概要

  • TeraTermなどでサーバーに接続
  • Mysqlに接続
  • ユーザー名を変更

手順詳細

TeraTermなどでサーバーに接続

WordPressの使い方 – TeraTermで接続(AWS/Bitnami)参照。

Mysqlに接続

ユーザー名とパスワードを確認しておきます。

vi /home/bitnami/apps/wordpress/htdocs/wp-config.php

ユーザー名とパスワードは以下に記載されています。

howtowordpress-username-mysqlpass

MySQLを起動します

mysql -u bn_wordpress -p

Enter passwordと言われるので先程確認したパスワードを入力します。
入力してもカーソル動かないので気にせず打ち込んでください。
以下の感じになってたらログイン成功です。

mysql>

登録されているユーザーIDを確認しておきます。

select ID,user_login from bitnami_wordpress.wp_users;

結果はこんな感じですかね。

+----+------------+
| ID | user_login |
+----+------------+
|  1 | user       |
+----+------------+

ここからは一般的なupdate文です。

-- 使用するデータベースを指定します。;
use bitnami_wordpress;
-- zeikomiのところに新しいユーザー名を入力します;
UPDATE wp_users SET user_login = 'zeikomi' WHERE ID = 1;

うまく行けばこんな感じ。

Query OK, 1 row affected (0.00 sec)
Rows matched: 1  Changed: 1  Warnings: 0

WordPressでログインします

何か言ってくることがあります。

howtowordpress-username-loginmiss

まぁ、気にせずログイン画面に戻って新しいユーザー名でログインします。
パスワードは変えてないのでuserの時と同じです。

howtowordpress-username-login

よしっ。

howtowordpress-username-check

まとめ

何でこういう仕様なんでしょうね。
ユーザーアカウント変えられてもよさそうなのに。
Wordpressの仕様かなぁ。

おわり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。