WordPressでデバッグログの出力を停止させる

今回はWordpressのデバッグログの停止方法について記載します。
おそらく過去の僕は何かを調べるために有効にしたのでしょう。
全く記憶にありません。

きっとログがたまるのを待つ間に綺麗さっぱり忘れたのだと思います。
Wrordpressのサイトヘルス画面で怒られてたので気づきました。
デフォルトはOFFになっているので、ほとんどの人にはどうでも良い話です。
今日はそんな記事です。

解決策

先に解決策から

  1. wp-config.phpを開く
    vi /home/bitnami/apps/wordpress/htdocs/wp-config.php

  2. 以下の部分を修正する

define( 'WP_DEBUG', true );
↓
define( 'WP_DEBUG', false );
  1. サイトヘルス画面で再度確認してエラーが消えていればOK

どうやらdebug.logファイルが残っていてもお咎めなしのようです。

  1. 必要に応じてdebug.logを削除する

ファイルの場所

rm -f /home/bitnami/apps/wordpress/htdocs/wp-content/debug.log

現象

厳しめに怒られてます。

wordpress-maintenance-sitehealth

このサイトの設定は、潜在的に誰もが参照可能なファイルにエラーを書き出します。

デバッグモードを有効化するとエラーやサイトの失敗の詳細情報を収集できます。しかし誰もがアクセス可能な Web サイトに置くべきでない、重要な情報を含む場合があります。

値 WP_DEBUG_LOG が Web サイトの構成ファイルに追加されました。潜在的に普通のユーザーでも参照可能なファイルにサイトで発生したエラーを書き出します。

まとめ

WordPressでデバッグログの出力を停止させる方法について述べました。
ログを出したければこの逆をやればよいと思います。

おわり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。