WordPress(AWS+Bitnami) – OSのユーザーアカウントの調べ方

最初にハマった内容です。
AWSのマーケットプレイスからBitnamiを使用してAWSを立ち上げるとSSHでOSに接続するためのユーザーアカウントがわかりません。本家のサイト見てもあまり判然としません。
今回はその調べ方についてご説明します。

調べ方

  • とりあえずrootでログインしてみる

aws-bitnami-instance-login

rootよりbitnamiのほうが良いよって言ってくれるのでそれに従う。

まぁ、アカウント知りたいだけなので知ることができればそれで良いのですが、この手順・・・正しいのかなぁ。

2020/7現在で公開されている
WordPress Certified by Bitnami and Automattic
5.4.2-1 on Debian 10 は bitnamiのようです。
今後どうなるかはわかりません。

私の過去のバージョンでは、アカウントubuntuでした。

参考サイト

特に書くこともないので参考サイトを挙げておきます。

参考ページ - 本家

Amazon Linux 2 または Amazon Linux AMI の場合は、ユーザー名は ec2-user です。
Centos AMI の場合、ユーザー名は centos です。
Debian AMI の場合は、ユーザー名は admin または root です。
Fedora AMI の場合、ユーザー名は ec2-user または fedora です。
RHEL AMI の場合は、ユーザー名は ec2-user または root のどちらかです。
SUSE AMI の場合は、ユーザー名は ec2-user または root のどちらかです。
Ubuntu AMI の場合は、ユーザー名は ubuntu です。

どうやら、AMIによってログインユーザー名が異なるらしいのですが、本家のサイトにもbitnamiで立ち上げたWordpressに関する情報は無いのです。

参考ページ - Qiita EC2のAMIはベースOSの種類でログインユーザー名が異なる

参考ページ - bitnami本家

まとめ

微妙に不親切

おわり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。