VSCodeの使い方-ワークスペース編-

Visual Studio Code(以下VSCode)で最初に面食らうのはワークスペースですね。
普通のテキストエディタにはありません。

これがなかなか便利です。
今回はこのワークスペースの使い方について述べます。

解決される課題

作業に夢中になっていると気づけばエクスプローラだらけになります。
Windowsキー+Eのショートカットを覚えてからは酷いですね。
少し油断すると簡単に2桁台後半です。

workspace-kadai

あるべき姿としては、必要なフォルダがダブりなく残っている状態です。
でも、残念ながらそうはなりません。
X-FinderやEgg ExplorerなどのタブファイラやCLauchなどのアプリランチャーも試したんですけどね。

ワークスペースを使えば、それはそれは綺麗なタスクバーです。
作業単位でフォルダが登録できます。
エクスプローラをほぼ開きません。

使い方

ワークスペースの新規追加

[ファイル]→[フォルダーをワークスペースに追加]

フォルダーをワークスペースに追加

作業フォルダを選択

作業フォルダを選択

ワークスペースの保存

[ファイル]→[名前を付けてワークスペースを保存]

名前を付けてワークスペースを保存

任意の名前を付けて保存

任意の名前を付けて保存

結果

ワークスペース-結果表示

ワークスペースを閉じる

[ファイル]→[ワークスペースを閉じる]

ワークスペースを閉じる

結果 - ようこそ画面に戻ります

ようこそ画面

ワークスペースを開く

[ファイル]→[ワークスペースを開く]

ワークスペースを開く

コードワークスペースファイルを選択

コードワークスペースファイルを選択

ワークスペースを復帰することができます。
これでワークスペースの切り替えも自由自在です。
作業単位でワークスペースを構成するのが良いかもしれません。

ワークスペースを復帰

エクスプローラ上でフォルダを作成してみる

登録したワークスペースを右クリック→エクスプローラで表示する

workspace-explore

フォルダ内に新しいフォルダーを作ってみる。
ほんの1秒ほどでツリーに反映されます。削除も同様。

workspace-newfolder

ワークスペースのツリー上で新しいフォルダーを作成してみる

ワークスペースのツリー上で右クリック→新しいフォルダー

workspace-newfolder2

名前が確定した段階で作成されるようです。

workspace-newfolder2

まとめ

ワークスペースの簡単な使い方について述べました。
色々ためしてみてください。

おわり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。