プログラマー志望者必見!最強の能力「検索」


プログラマーの世界では、
実はどんな言語をやったことあるかというのは、あまり関係ありません。
なぜなら全て「ググれ」の世界で「ググれ」ば何とかなる世界だからです。
今回は少しプログラマー共通「検索」の技術について述べたいと思います。

何の言語を勉強したらよいですか?

よくプログラマー志望者に、
「プログラムについて勉強したいんですけど、言語は何を勉強したらよいですか?」と聞かれます。
実はこの質問にさほど意味がありません。
「外国に行きたいのですが何語を勉強すればよいですか?」の質問と同じです。
英語を覚えたところで、行き先がフランスなら総スカン。
まず、目的ありきです。

「プログラミングの基本を押さえたいので、勉強するのに都合の良い言語を教えてください」であれば、
C++ or C#をおススメします。
理由は簡単。環境の構築が簡単だからです。
判断の基準はポインタを覚えたいかどうか。
後は適当にググってください。

最強のスキル「検索」

例えば、C#の入門をしたいとしましょう。
手順です。

「C# 環境構築 無料」とかで検索

手順ぽいものが書かれている、絵がいっぱいついているページを探します。

こいつ何言ってんだ?
もっと頭の悪い俺でもわかるようにかけよ。クソが。

と、感謝の気持ちを忘れずに情報を利用させていただきましょう。
大事なのは諦めない心。

ちょっとわからない程度で諦めていたらこの先の受難を乗り越えることはできません。

この先あなたは、
・説明ページの省かれている部分で立ち止まり
・インストールするもののバージョンが少し変わっていて立ち止まり
・ウィルスを踏んでブラウザは乗っ取られ
・説明に無いエラーが出て半泣きになり
・変なものを消してビルドエラーの嵐に半泣きになり
・数多の苦難を乗り越え、ようやく「Hello,World!」

そういうもんです。
僕も何度、満身創痍で世界に挨拶をしたことか。

余談ですがこれらの受難、人に相談すると事故ります。

自分「Aさん。何か良く分からないエラーが出るんですよ。見てくださいよ。」
Aさん「はぁ?知るか。グーグルに聞け。ボケカス。」

何を始めるのもまず「検索」。
受難を乗り越えるのも「検索」です。
プログラマーに「検索」は欠かせません。

コピペ脳プログラマー

未来のプログラマの芽を摘むことと、
検索の重要性についてお伝えしたところで
今度は「検索」がもたらす弊害について記述します。

数年前大学生のレポートでwikiをコピペしたことによって
皆同じ誤答をしてしまったという問題がありました。
それ以来wikiの使用を禁じたりするケースが増えてきていると聞きます。

プログラマーの脳内は大きく2種類に分かれます。
「どっかのページで見つけて貼り付けて何となく動けば良い。」の「コピペ脳」
「他人のプログラムなんて信じられない。俺は自分で作るぜ。」の「職人脳」

プログラマーの脳内は2つのタイプが共存しており
興味や時間との兼ね合いで咀嚼する時間は変わりますが
基本的には「コピペ」で「学ん」で「自力でつくれる」ようになります。
よく技術の世界で言われる「まねぶ(学ぶ+真似る)」というやつですね。

しかし稀に、コピペしてもその内容を一切学ばない「コピペ能力全振り」タイプと
そもそも他人から学ぶ気のない「脳筋タイプ」がいます。

脳筋タイプはかなり面倒ですが、嫌いではないです。
「然今日少肌寒」(プログラマーの美意識の世界「美しく汎用的」参照)な人たちなので、放っておきましょう。
まぁ、生産性の低さもタイピングの早さとかその他の特殊能力で相殺されるので、
他人の美意識にとやかく言うこともないでしょう。

こういったタイプ洗練された部品を隠し持っていることがあります。
どうも本人は気に入らないようで簡単には出してくれません。
葛飾北斎はあれだけの才能を持ちながら「猫の絵すら描けない」と嘆いていたと聞きます。
そんなもんなのかもしれません。
面倒な人たちです。

「コピペ能力全振り」タイプは
たまに「え?もしかしてコイツ天才?」みたいなすごいことをやってのけるのですが、
すごいのはコピペ元の人で、本人はゴミです。

こういうタイプは「できるかどうかわからない物の調査」に使います。
検索力特化型ですので、想像もつかないプログラムを総当たりで試し、とりあえずブレイクスルーしてくれます。
基本的には「自分は頭が良く要領が良い。周りは何て馬鹿なんだろう。」と考えるタイプで、
都合の悪い部分を隠す(目を背ける?)傾向にあり使いどころに困ります。

まとめ

主観が多く含まれてしまいましたが
何が言いたいかと申しますと、
これからプログラマーを目指す人は
「検索能力は大事だよ。でも、コピペ能力全振りにはならないでね。」ということです。

あぁ、良いこと言った。

おわり


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です