プログラマーを目指す30代のあなたへ

30歳定年説やら35歳定年説と
プログラマーは長く続けられない仕事として有名です。
体力仕事ですのでIT土方と言われたりもします。

IT企業に所属するこの年齢はマネジメントをしつつ後進の育成に取り組みます。
自分でつくるのではなく部下に作らせることが中心です。
1つ2つ得意なプログラミング言語を持ちながら、
自分より劣る若手の技術力でお金をもらいます。

さて、そんな年齢であるはずの30代で未経験。
そういう人がプログラマーを目指す場合、どうすべきかについてお伝えします。

前置き

30代の未経験者の方がプログラマーに転向したくなるケースについて考えてみます。

  1. 別の業界からIT企業へ転職
  2. 別の業界に所属しながらIT技術を習得したい
  3. ニートからIT企業へ転職

別の業界からIT企業へ転職

30歳未経験でIT業界へ正攻法で就職することは
まず不可能と考えてください。

まともな会社なら30代未経験者を雇うことはありません。

裏の手(正攻法の反対)の転職

立派な経歴でも残念な30代40代は沢山います。
臆することはありません。経験者になれば良いのです。

おそらくIT系の派遣(フリーランス)に登録して、
1つ2つの現場を経験するのが手っ取り早いと思います。

ですが、
派遣であっても未経験者を雇うか?
と、言われれば雇いません。

僕のGitHubフォローして、
製造業向けオープンソース開発って
業務経歴書に書いてもらっても良いですよ。

正攻法の転職

あえてあなたを選ぶケースがあるとすれば
あなたの特殊性によほど価値がある場合ですね。

  • すぐに連絡できる(営業をかけられる)前職の人脈が沢山ある
  • ネットで調べれば出てくる実績がある(前職の実績、フォロワーの多いSNS等)
  • メジャーな資格を持っている(医師国家試験、公認会計士・・・)
  • 特殊な言語が話せる(中国語、ポルトガル語・・・)
  • デザイン知識(←これは僕が今一番欲しい)

など。
どれかが相手に引っかかれば採用される可能性は高いです。

独立する

20代と30代の違いは前職の経験値と手持ちのお金でしょう。

お金があるのであればプログラミング技術を磨くのではなく
最初からマネジメントに行くことも一つの手です。
プログラミング技術を買えば良いと思います。
IT企業の経営者には未経験でもなれると思います。
むしろIT起業出身者より可能性があるのではないかと感じます。

前職の課題や知識を持ってると思いますので、
その課題をIT技術で解決するというのは非常に面白い試みです。

XXX業界の課題 × IT技術で革命が起きる可能性は大いにあります。

面白そうな課題をお持ちの方はこの記事のコメント欄にどうぞ。
僕も何かアドバイスできるかもしれません。

別の業界に所属しながらIT技術を習得したい

向上心のある素晴らしい人ですね。
本を買って勉強・・・ですかね。
本は後回しでとにかく自力で何か一つ作ってみましょう。

さらっと入門する方法を教えます。
こちらへどうぞ。

プログラマー速攻入門
プログラマー最初の第一歩を書いてます。

ニートからIT企業へ転職

さて、30代までニートのアナタ。
浮上する方法はあるか?えぇ、あります。

据え置きゲームを全て売る。
ネットゲームのアカウントを全て捨てる。
GitHubのアカウントつくる。アプリをつくる。
取扱説明書ページをつくってアピールする。
当たりが出るまで、"アプリを作る ⇔ 取扱説明書ページを作る"を繰り返す。

あなたに無いのは実績だけです。これからの時間を実績に変えていってください。
プログラマーの世界はそれができます。

まとめ

30代ってしんどいですよね。
自分の能力は頭打ちになり、
後進の育成なんてやりたくなくてもやらないといけない。

上を安心させるための説明は面倒だし、
若手の部下の仕事は粗削り過ぎてみてられないし、
年上の部下は色んな意味で気を遣うし
ステークホルダは好き勝手な事言うし。

あぁ、中間管理職。

サブのスキルとしてIT技術はおススメです。
習得の価値ありです。

メインのスキルとしては・・・何とも言えませんね。
未経験からの就職はまず無理と考えるのが現実的です。
ただ、就職が全てではありませんし、
一旗揚げるにはこんなコスパの良いスキルはありません。

プログラマーを目指す30代のあなたへ

おわり

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。