【閲覧注意】ブログ収益化の現実 (記事数475のブログで検証)

【閲覧注意】ブログ収益化の現実 (記事数475のブログで検証)

世間(主にツイッター)ではブログで7桁とか8桁収益達成という文言が飛び交っています。
ブログ収益化の目安として1年で1万円/月とか言ってるところもあります。僕も触発されてかれこれ5年(記事数475)ですが世界はなかなか残酷です。ここらで一旦状況を見直します。

夢を見続けたいブロガーさんは閲覧注意です。

現況の説明

まずは今年のGoogle Adsenseの成績。

  • 当ブログの記事数:投稿記事:419 固定ページ:56 計475
  • ブログ開始月:2017年5月(約5年)
  • 収益:約1000~2000円(桁数で言えば4桁)
  • GoogleAdsense振込:2021年3月 ¥8,754 2022年5月 ¥9,536 計¥18,290
  • AWSサーバー代:平均1898円/月
  • PV数:9634PV(Google Adsenseのレポートより)

では時給換算してみようと思います。

時給計算

  • 記事数合計:475
  • 平均執筆時間:約5時間 / 記事
  • 合計執筆時間:2375時間
  • 合計収入:¥18,290

時給7.7円。ペリカ?

ちなみに支出もあります。AWSの支払いが毎月約1900円ほど。
現時点で既に9万円程度の赤字です。

支出を考慮して計算

仮に毎月2200円の収入を維持し続けられるとすれば
これまでの赤字をいつ頃ペイできるのか?
また、僕の目標であるブログ収益でYogibo購入はいつ達成できるのか?

  • AWS代を相殺(これまでの赤字)するのは:2038年10月(約16年後)
  • Yogibo Premium Max価格(54780円(税込))を稼ぐのは:2059年1月(約36年後)

36年?住宅ローン?

ちょっとムダなあがきしてみます。
来月以降収益を200円上げることができるとすれば・・・。

  • AWS代を相殺するのは:2035年4月(13年後)
  • Yogibo Premium Max価格(54780円(税込))を稼ぐのは:2044年1月(22年後)

う~ん。

ブログ記事のPV数について

話は変わりますが、当ブログは月間1万PV程度です。
その内訳を可視化しておきます。

記事数割合

  • 33%が全く見られていない記事
  • 58%が月1~50PV、1日1回見られるかどうかの記事
  • 4%が月50~100PV、平均1日1回-3回程度見られる記事
  • 0%となっていますが1000PVを超える記事も一応あります

1日平均1回見られる記事を書くだけでもかなりの難易度です。

お助け下さい!!

ついでなのでお助け下さい記事を更新しました。
こちらには先月一切見られなかった記事を上げています。
ご参考まで。

まとめ

記事数が180程度のころ、回帰分析を行い626記事(15000PV程度)で2000円に達すると予測しました。
そこまでは必要なかったみたいですが今も尚、イバラの道です。

【ブログ収益化】ブログの記事数からアクセス数を予測する【データ分析】

想定より早く2000円に達した理由は以下と推測しています。

  • 手順書系の記事を増やした(元は単なる日記)
  • 円安のおかげ

しかし500近く記事を書いて月間1000PVを超えるものは1記事のみ。
難易度高いなぁ。

おわり

C# DXの設計書 Git GitHub GitHubサーベイ MovingWordpress Python Twapi Visual Studio VSCode Wordpress WPF ソフトウェア開発実演 ツール データサイエンス フォロワーを増やしたい ブログ収益化 ブログ記事整理プロジェクト プログラマーとは プログラミング ワードプレスの引っ越し 僕が会社をやめた理由


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。