TortoisGitの基本操作

TortoisGitの基本操作

TortoisGitの基本的な使い方を説明します。
できることはファイルの世代管理。能書きは省略します。
Git関連は理屈から入ると挫折します。

今回やること

絵でかくとこんな感じ。

リモートリポジトリを作ってクローンしてコミットしてプッシュします。

リモートリポジトリの作り方

フォルダエクスプローラの適当な場所で右クリック
→Gitここにリポジトリを作成

何か言ってますがBare作成にチェックをつけてOK

色々出来上がります。

中に入ってみると色々ありますね。
ここにバージョン管理やらの情報が入っていくのです。たぶん。
リポジトリの作り方としてはここまでです。

クローンの仕方

別のフォルダに作業スペースを作成します。

何もないところを右クリック→Gitクローン(複製)

さっきリポジトリを作成したところを指定します。

OK

何かうまく行ったっぽいですね。閉じてください。

さっき作成したリポジトリと同じ名前のフォルダが出来上がりました。

隠しフォルダですが.gitがいますね。

コミットの仕方

適当なファイルを作ってバージョン管理をします。

ファイルを選択して右クリックします。
TortoiseGit → 追加

何か追加できたっぽいですね。

OKでもコミットでも良いですが、今回はコミットを強調するため一旦閉じます。
OK

何もないところを右クリック→ Gitコミット -> master

メッセージを入れてコミット

コミットしました。これが我々の業界のコミット。
「結果にコミット」はちょっと意味がわかりません。

プッシュの仕方

何もないところで右クリック→プッシュ

全く新しいフォルダをつくってクローンしてみます。

さきほどコミット/プッシュしたファイルが出てきました。

まとめ

これだけの機能でもかなり便利です。
興味がわいたら深く調べていくくらいのスタンスが良いと思います。

おわり

C# DXの設計書 Git GitHub GitHubサーベイ MovingWordpress Python Twapi Visual Studio VSCode Wordpress WPF ソフトウェア開発実演 ツール データサイエンス フォロワーを増やしたい ブログ収益化 ブログ記事整理プロジェクト プログラマーとは プログラミング ワードプレスの引っ越し 僕が会社をやめた理由


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。