VSCodeの使い方-ExcelViewer編-

Excel開きたくない。
すべてVisual Studio Code(以下、VSCode)上で終わらせたい。
そう思う時がしばしばあります。

エクスプローラを開きたくないのです。
画面切り替えをしたくないのです。
手をマウスに持ち替えたくないのです。

あぁぁぁあああ。もう面倒くさい。息吸うのも面倒くさい。

僕の不満の30%位しか解消してくれていないのですが、
一応健闘してくれているのでExcel Viewerについてです。

VSCodeの使い方-Markdownでパワポ編-

世界からPowerPointが無くなってしまえば良いのに。
Visual Studio Codeを覚えてからというもの、文書の多くはMarkdown形式で書くようになりました。

というわけで、今回は Visual Studio Code(以下,VSCode)でパワポ編です。

VSCodeの使い方-インストールと日本語化編-

Visual Studio Code(以下、VSCode)に惚れました。
布教もかねて使用方法を書いていこうと思います。

今回はインストール方法と日本語化(+アイコンの変更)です。

今、プログラマーになる人は何を目指すべきか?part2

「あなたプログラマーでしょ?じゃあこの表エクセルで作ってよ。」

プログラマーを何だと思っているのでしょう。少しイラっとします。

しかし、ふと考えることがあります。
仮にエクセルがなかったとすると、PC上の表作成はプログラマーに依頼するしかありません。今は、エクセルというツールがあるから誰でも表やグラフを作成できるのです。
見方を変えれば、エクセルというツールがプログラマーの仕事を奪っているのです。

何もエクセルに限った話ではありません。
今回はプログラマーの奪われる仕事と目指す先についてです。
個人的な意見ですがご参考まで。

問題と課題

一つの単語に対し複数の意味を持たせたり同じものを複数の単語で話すと、途端に会話の生産性が落ちます。

徹底しているプロジェクトは用語集をもって会議に臨み、上記の発言をすると鋭く突っ込まれます。
僕も注意してはいますが、中々うまくならないですね。

と、前置きはこれくらいにして本題です。
「問題と課題」

使い分けの難しい言葉です。
今回はこの「問題と課題」についてお話ししたいと思います。

今、プログラマーになる人は何を目指すべきか?

身近な人がプログラマーになりたいと相談してきたら、何を伝えるべきかを考えてみることにしました。
僕もソフトウェアの業界でソフトウェア開発にかれこれ15年以上携わっています。
まだまだぺーぺーですが、少し語ってみようと思います。

あくまで個人的な意見ですがご興味があれば。