GitHub Desktopを使ってリポジトリを作成する

GitHub Desktopを使ってリポジトリを作成する

嬉しさが全くわからない状態ですが、このままGitHub Desktopの魅力を探っていきます。
今回はリポジトリの作成です。

手順

  • ローカルにリポジトリを作成
  • プロジェクトに変更を加える
  • GitHubにプッシュする

手順詳細

ローカルにリポジトリを作成

GitHub Desktopにまだ何もリポジトリを追加していない人はこんな感じの画面。
Create a New Respository on your hard drive…を選択します。

既にリポジトリを追加している人はここから。

Nameにリポジトリ名を入力します
Local pathに作業するローカルフォルダを指定します。
Create Repositoryを押します。

とりあえずローカルにリポジトリが出来上がりました。

プロジェクトに変更を加える

Open in Visual Studio Codeを選択。
編集するのは何でも良いのですが、僕はVisual Studio Codeがお気に入り。
Visual Studio Codeなんて入れてないという人はView the files of your repository in Explorerとかでエクスプローラから開いて編集しましょう。

適当に編集を加えます。

謎なアイコンをクリック。アメーバ?

こんな画面が出た人は、Gitがインストールされてません。こちらへどうぞ → Gitのインストール

変更ファイルを教えてくれます。

ダブルクリック。ちゃんと変化点を確認します。

チェックマークを選択

修正内容に関するメッセージを入力します。
再度チェックマークを押します。
ここではまだローカルのGitに保存されただけでGitHubには保存されていません。

はいを選択

GitHub Desktopで確認
修正した変化点が見えています。

Publich repository でリポジトリをGitHubに登録します。

Publich repositoryを選択

先程Publish repositoryだったものがFetch originに変化しました。
今後、誰かが変更したものを教えてくれることでしょう。

本家GitHubで確認します。先程作成したリポジトリが増えています。
ちゃんと登録されています。

まとめ

意外と便利そうですね。
ただ、現段階の機能ではVisual Studio Codeだけで事足ります。
もしかしたらSSHの設定をどこかで聞かれるかもしれません。
今回何も聞かれずすんなり行ってしまった・・・。
わかったら追記します。

おわり

C# DXの設計書 Git GitHub GitHubサーベイ MovingWordpress Python Twapi Visual Studio VSCode Wordpress WPF ソフトウェア開発実演 ツール データサイエンス フォロワーを増やしたい ブログ収益化 ブログ記事整理プロジェクト プログラマーとは プログラミング ワードプレスの引っ越し 僕が会社をやめた理由


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。