WordPress(AWS+Bitnami) – SMTP設定(Gmail編)

WordPress(AWS+Bitnami) – SMTP設定(Gmail編)

WordPressでメールが送られてこなくてお困りの方用の記事です。
今回は、プラグインのWP Mail SMTPとGmailを使用して何とかしようと思います。正直手順が多くてしんどいです。

概要

WordPressからメールを送れるようにしたい。

手順概要

簡単に言えばこの4つを正確に扱えればGmailで受信できます。
ただ、道のりは複雑で長いです。

手順は以下の通りになります。

  • Client IDを作成し設定する
  • Authorized redirect URIをGoogleに伝える
  • Client Secretを作成し設定する
  • AuthorizationでGoogleにメール送信の許可をもらう

手順詳細

Client IDの作成とAuthorized redirect URIのGoogle APIへの設定

Google API Consoleにアクセスする。
送信したいGmailのアカウントでログインします。

プロジェクトを作成していきます。

プロジェクト名を決めます(何でも良い)。

作成を押します

+APIとサービスを有効化

Gmail APIを選択

有効にする

ナビゲーションメニューがうるさいので消します。閉じる。

認証情報を作成

使用するAPIでGmail APIを選択

APIを呼び出す場所 でウェブサーバーを選択

アクセスするデータの種類でユーザーデータを選択します

必要な認証情報を選択します

OAuth 2.0クライアントIDを作成するで
名前は任意で入力します。

承認済みのJavaScript生成元って何だ?という話ですがご自身のトップページのURLで良さそうです。

承認済みのリダイレクトURIというのがまた意味不明な説明。
Worpdressのダッシュボード→WP MAil SMTP → Authorized redirect URI でコピーします。

貼り付けます。

OAuthクライアントIDを作成を選択します。

Client ID をコピーします。

WordPressのダッシュボード→ WP MAil SMTP → Client ID に先程コピーしたClient IDを貼り付ける

完了します。

OAuth2.0クライアントIDが出来上がりました。

Client Secretを作成し設定する

Client Secretはここにいます。

OAuth 2.0 クライアント IDで名前を選択

クライアントシークレットの項目をコピー

WordPress → WP Mail SMTP → Client Secretに貼り付け
ついでに設定を保存

AuthorizationでGoogleにメール送信の許可をもらう

Allow plugin to send emails using your Google accountを選択

Googleにログインの画面が出るのでメールを送りたいアカウントを選択する

ちょっと煽ってきますが自分で作ったものなので強行します。
詳細を選択。

不安になりますが強行します。

許可

許可

Gmailにメールが届くのでそのリンクに飛んで許可。

確認

管理者のメールアドレスを変更。

Gmailにメールが届けば成功です。

まとめ

手順多い・・・。

おわり

C# DXの設計書 Git GitHub GitHubサーベイ MovingWordpress Python Twapi Visual Studio VSCode Wordpress WPF ソフトウェア開発実演 ツール データサイエンス フォロワーを増やしたい ブログ収益化 ブログ記事整理プロジェクト プログラマーとは プログラミング ワードプレスの引っ越し 僕が会社をやめた理由


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。