KUSANAGI + WordPressは本当に速いのか?

KUSANAGIは本当に速いのか?

AWSのマーケットプレイスを見ていたら気になるものを見つけました。

KUSANAGI

調べてみたら高速で動くワードプレス環境とあるじゃないですか。
もしや費用増無しでスーパースピードを手に入れることができるのでは?
という安易な発想から試してみることにしました。

個人の一日200アクセスあるか無いか程度のブログで効果はあるのか?
BitnamiとKUSANAGIのイメージでスピード検証してみます。

結論から申し上げますと変わりませんでした。
ま、僕が環境ケチり過ぎということですよ。きっとね。

詳細が気になる方は些末な内容ですがお付き合いいただければ幸いです。

前提条件

今回検証した環境は以下の2つです。

どちらのイメージが高速なのかの検証です。

構築環境情報

AWSイメージ情報

イメージ タイプ CPU数 メモリ(GiB)
WordPress Certified by Bitnami and Automattic t2.micro 1 1
KUSANAGI for AWS (WordPress) t2.micro 1 1

検証ブログ情報

ブログ記事のデータはこのサイトのバックアップをそのまま当てはめました。
記事数は365です。サイト情報は以下の通り。

  • WordPressサイズ
項目 詳細
WordPress ディレクトリのサイズ 1.00 GB
アップロードディレクトリのサイズ 287.55 MB
テーマディレクトリのサイズ 3.61 MB
プラグインディレクトリのサイズ 120.26 MB
データベースの容量 229.28 MB
合計インストールサイズ 1.63 GB
  • テーマ
項目 詳細
名前 Twenty Twenty-One (twentytwentyone)
バージョン 1.4

検証方法

検証方法はPageSpeed Insightsを使用します。便利ですね。

測定結果

PCでの表示の評価

Bitnami環境

KUSANAGI環境

モバイルでの表示の評価

Bitnami環境

KUSANAGI環境

10回やって検証

顕著に出るモバイル版で10回評価してみます。大きい方が良いらしい。
スコアはLighthouse performance scoringというらしい。

回数 Bitnami KUSANAGI
1 43 41
2 45 44
3 54 43
4 39 41
5 43 34
6 45 53
7 42 47
8 39 48
9 33 37
10 39 42

Bitnami 4 対 KUSANAGI 6

という結果でした。

まとめ

結果は似たり寄ったりですね。
体感になってしまいますが操作した感じも特に違いは感じられませんでした。
正直僕のページのような小さいところでは、あまり効果が見られないようです。

何より環境イメージの問題以外の要因が大きそうです。

ちゃんとやらないとなぁ・・・。

おわり

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。