プログラマーとは何か? – その①

今回は僕の世界観の「プログラマーとは何か?」についてご説明させて頂きます。

定義

「プログラマーとは」を辞書的に説明すると以下のとおりです。

コンピューターのプログラムを作成する人。

goo 辞書 - プログラマー

プログラマ(英: programmer)とは、コンピュータのプログラムを作成する人全般を指す。

Weblio - プログラマ

僕は紛れもなくプログラマーです。
「プログラマーやめました」というタイトルを冠しながらやめてなかったみたいです。
タイトル詐欺です。あー心が痛い。

プログラムを作成する人、または職業。ソフトウェアの仕様書を基に、プログラミング言語でソースコードを作成する。

ASCII.jpデジタル用語辞典「プログラマー」の解説

しかしこちらの辞書には「職業」という文言が含まれています。
「人」と「職業」の両方の側面から考えていきます。

職業としてのプログラマー

僕は職業としてのプログラマーを2017年にやめました。
現在ただの会社員として製造業で働いています。
今もプログラミングをすることはあります。
しかしプログラミングでお金を稼いでるわけではないので
プログラマーを職業というには少し厳しめです。

数年前、僕はITベンダーでプログラミングによってできた成果物で対価を得ていました。
短い時間で要求された機能を提供できればそれだけ利益は大きくなります。
まさにアスリート。時間との闘いでした。
こちらは職業のプログラマーと言えると思います。

2つは目的が異なります。
前者は、製造現場の改善効果を得るためにソフトウェアを作ります。
後者は、ソフトウェア(もしくは作業時間)を売るためにソフトウェアを作ります。

つまり職業としてのプログラマーはプログラミング自体が目的です。
良し悪しの話ではなく立場の話です。

ソフトウェアを売るためには顧客のメリットを推し量る必要があります。
目的は一緒と考えるかもしれません。残念ながら僕は違うと思います。

後者はソフトウェアから得られる効果や価値まで責任を持ちません。
基本的には納品して終わり。あくまで要求に対する成果物に責任を持つだけです。

「御社が儲からなければお金がいりません」と言えますか?というお話。
普通は言いません。

いずれにせよ前者でも後者でも「自分の手でつくる」力を持っています。
僕はそこに魅力を感じます。
ですが、一般に「つくる」という行為は楽しく人口も多い。
厳しい言い方になりますが、9割以上(ほぼ10割)のプログラマーは替えが利きます。
もしかしたらプログラマーは「人」でも「職業」でもなくただの「道具」なのかもしれません。

まとめ

今回の結論はプログラマーには2種類の意味があり以下の通りです。
1つ目は「人」としてのプログラマー
2つ目は「職業」としてのプログラマー
+αで「道具」としてのプログラマー

人によって同じ「プログラマー」という言葉を使っていても扱いが全然違います。

僕らプログラマーは

  • 最大の強みは「つくれる」こと
  • 最大の弱みは「替えが利く」こと

まぁ、なかなか大変な立場です。
要はレッドオーシャンという話です。
しかし僕はプログラマーになることをお勧めします。

なぜならば・・・。おっと、お時間です。
本日はこの辺で。

プログラマーとは何か? - その①

おわり

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。