プログラマーに資格はいらない!について – 愚かですね

資格に関しては意外と否定派が多いです。
僕が以前勤めていたIT企業では何等かの情報処理資格を持っていた人は3割程度でした。
否定派の意見は「資格なんて業務の役に立たない」です。

その言い分は

  • 取れない人の負け惜しみか
  • 役に立つ資格を取れてない人の負け惜しみか
  • 得してる人のライバルを増やさないための戦略

です。

では、資格で得している僕の意見をどうぞ。
本音はライバルを増やしたくない。僕の希少性が薄れる。

前書き

先に言っておきます。
プログラマーの国家資格「情報処理技術者試験」は取らないと人生損します。

IPA - 情報処理技術者試験 試験区分

資格否定派の取らないこと自体は個人の主義で勝手ですが、
「取っている人」や「取ろうとする人」のモチベーションを折るのは良くないですね。

この記事を読んでるあなたは、理屈は良いからノイズから耳をふさいで資格取得しておきなさい。
基本情報・応用情報はなる早(なるべく早く)で必須。高度情報は取れるまで挑戦。
さ、復唱して。

基本情報・応用情報はなる早で必須。高度情報は取れるまで挑戦。

僕は資格取得肯定派です。
基本情報技術者試験と応用情報技術者試験、ITストラテジストに合格しています。

業務に役に立つかと聞かれれば「どちらともいえない」が回答です。
では、なぜおススメするのか?というところですが、大きく分けて3つです。

  • 資格手当
  • 希少性(付加価値)

資格手当

資格手当は言わずもがなです。
資格持ってるだけで給料が上がるのですから、無いより有った方が良い。

資格に時間を使うくらいなら残業する?
お好きなようにどうぞ。

しかし、学生に取ることを勧めるかというと半分はイエスで半分はノーです。
というのも、セコイ話ですが資格手当には毎月給料に加算されるものと一時金が存在します。
一時金は合格時のみもらえます。
一時金は十万円以上と額が大きいことも多く、また勤続中に取得しないともらえないことも多いのです。
ですので、上位資格に限っては入社後に取得した方がよろしいかと思います。

基本情報程度では一時金がつくこともほぼ無いので取っておいてもよいでしょう。
横並びの時は面接で多少下駄を履かせますし努力する人という評価も自然とつきます。
しかし資格に頼るというのはやめた方が良いと思います。

希少性(付加価値)

希少性についてです。平たく言えば第三者の評価なんですよね。
必ずとは言いませんが、転職時にはかなり大きな効果を発揮します。

基本情報技術者試験の価値

僕は30歳を超えてIT企業に勤めていながら基本情報技術者すら持っていない人は落とします。
言い訳を想像してしまいます。

  • 資格なんて業務の役に立たない
  • 資格に時間を使うくらいなら残業する
  • 資格を持ってなくても仕事はできる

会って話は聞きますが、一度も採用したことはありません。
万が一誰もが知るような成功を収めてるなら話は別ですが
「自分はこんなすごい仕事をした」とネットで出てこない話をされてもぶっちゃけピンときません。

応用情報技術者試験の価値

20代で応用情報を携えて面接を受けに来る人はあまりいません。
20代の面接で資格欄に「応用情報技術者」が入っていれば、僕担当の面接での採用率はぐっと上がります。

21年春期~令和元年秋期の合計を見ても16.5万人程度です。
全日本人約1.2億人の中の16.5万人ですね。0.1%程度。
資格Times

1年で約1~1.5万人程度合格者が増えますが、
毎年1歳ずつ歳をとっていくので年齢を限定すると希少性は失われません。
要は、第三者による努力の評価なんですよね。付加価値そのものです。

ただ、応用情報技術者は30歳くらいまでしか価値はありません。
30歳以上は持っていても「へぇ~持ってるんだ」程度です。
特に加点はありません。持ってなくても特に減点もありません。
応用情報が最も価値を生むのは20代の転職時ですね。

高度情報系試験の価値

スペシャリスト系はできることがわかりやすいですね。
例えばネットワークスペシャリストであれば、毎年4000人行かない程度の合格者数です。
そのタイトルだけでも求めている企業は多いものです。
企業は何等かの課題を抱えておりそれを解決できる人材を求めています。
年齢関係なくうまくヒットすれば即採用です。

更に上位資格ですが
ITストラテジストは毎年700~800人程度、
システムアーキテクトは毎年700人程度、
プロジェクトマネージャー試験は毎年1400~1500人程度の合格者数。

ほぼお目にかからないので、面接官は面接終了後に調べるでしょう。
色んなサイトが勝手に褒めてくれるので「すごい人」という錯覚に陥り
落とすのがもったいない気になります。

また資格保有者の数を大々的に謳って自社の宣伝・広告に使ったりします。
実は高度情報系は企業自体が欲しかったりするのです。

情報処理技術者資格を保有しているからと言って、
その資格を持たないと特定の仕事ができないというものではありません。
そういう意味では運転免許の方がよっぽど価値があります。

賛否が分かれるのも頷けます。

では+αの部分です。

セルフマネジメントの訓練と習慣づけ

やはり資格を取得することで人生が充実します。
資格の知識自体もある程度人生で役に立ちますし資格を持っていることで説得力も増します。
ただ、ITストラテジストの説明が面倒なので
まず「ITストラテジストを持っている」ことを人に言ったりはしません。

何だかんだで一番役に立ったなと感じるのは
セルフマネジメントの訓練になった
ことですね。

僕がITストラテジストを取った時
複数のプロジェクトを抱えその内いくつかが炎上。
残業も100時間に達する状態が数カ月続いていました。

現状から抜け出したい一心で、
1日1時間早起きし毎日45分少しずつ1年以上勉強しました。
合格した時の達成感は失神ものです。
履歴書の「ITストラテジスト取得」の1行にドラマがあるわけですよ。
とはいえ、仕事の状況は何も改善しませんでしたが。

この時の習慣が今でも続いており、毎日何かしらの勉強を続けています。

人生の充実

やはり資格取得時の達成感は自信や成長につながりますしモチベーションも上がります。
それだけで人生が充実します。

希少価値の高い資格を持ってる人と出会えた時の高揚感も中々です。
自分の部下が自分に刺激を受けて高度情報に挑戦するといううれしい影響もあります。

ま、いろいろメリットはありますということです。

まとめ

僕は資格取得推奨派です。
理屈はいいから取っておきなさいって。
取らないと人生、実は損してますよ。

プログラマーに資格はいらない!について - 愚かですね

おわり

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。