WordPressプラグイン – Site Kit by Googleの設定

WordPressプラグイン – Site Kit by Googleの設定

GoogleさんからSite Kitを設定しろと言われました。
試しに設定してみます。
今回はSite Kitの設定方法です。

ざっくり手順と結果のイメージ

手順は簡単です。
長そうに見えますが、何も考えずにクリックしていくだけです。
ほぼノーストレス。さすがはGoogleさん、やることが違います。

大まかな手順を以下の示します。

  1. WordPressでプラグイン「Site Kit by Google」の新規追加 
  2. プラグインを「Site Kit by Google」有効化
  3. セットアップの開始
  4. Site Kitへの権限付与 – WordPress上でSearch Consleのダッシュボードが有効に
  5. アナリティクスの設定 – WordPress上でGoogle Analyticsのダッシュボードが有効に
  6. AdSenseの設定 – WordPress上でGoogle AdSenseのダッシュボードが有効に
  7. PageSpeed Insightsの設定 – WordPress上でGoogle AdSenseのダッシュボードが有効に

完成後のイメージ

先に完成後のイメージをどうぞ。
Search Console, アナリティクス, AdSense, PageSpeed Insightsの概要を一つの画面で見る事ができます。

Search Consoleのダッシュボード

アナリティクスのダッシュボード。

AdSenseのダッシュボード

PageSpeed Insightsのダッシュボード

詳細手順

WordPressでプラグイン「Site Kit by Google」の新規追加 

プラグインの新規追加

Activate

セットアップを開始

Google でログイン

Site Kitへの権限付与
一応何が書いてあるのか開いておきます

許可

許可

許可

許可

ダッシュボードに移動

完成

スクロールするとSearch Consoleのダッシュボード

アナリティクスの設定 – WordPress上でGoogle Analyticsのダッシュボードが有効に

ご自身のGoogleアカウントを選ぶ

許可

許可

許可

アナリティクスの構成

なんだかおしゃれ

アナリティクスの設定完了。
お疲れ様でした。とかだと思うんですけどね。

AdSenseの設定

AdSenseを選択

アカウントを選択

やらなくても良いですけど一応広げておきます

許可

許可

次へ

次へ

ダッシュボードが表示されます。

やっぱり「おめでとうございます!」に違和感。

PageSpeed Insightsの設定

PageSpeed Insights選択

うまく行ったらしい。

WordPressプラグイン – Site Kit by Googleの設定

おわり

C# DXの設計書 Git GitHub GitHubサーベイ MovingWordpress Python Twapi Visual Studio VSCode Wordpress WPF ソフトウェア開発実演 ツール データサイエンス フォロワーを増やしたい ブログ収益化 ブログ記事整理プロジェクト プログラマーとは プログラミング ワードプレスの引っ越し 僕が会社をやめた理由


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。