VSCode – GitHubにSSHで接続する

VSCode – GitHubにSSHで接続する

Visual Studio CodeでGitHubにSSH(Secure Shell)接続してみようと思います。
Https接続でも構わないのですが、SSHの方がパスワードとか聞かれなくて楽です。
その分初期設定が面倒なのですが。

手順

  • 秘密鍵と公開鍵のペアを作成する
  • GitHubに公開鍵を登録する
  • known_hostを作成する
  • GitHubからCloneしてみる(確認)

詳細手順

秘密鍵と公開鍵のペアを作成する

Visual Studio Codeを立ち上げます。
VSCodeのPowerShellで操作していきます。

拡張機能でPowerShellをインストールしていれば変なアイコンが出るのでわかりやすいです。

では、公開鍵と秘密鍵を作成していきます。
PowerShellで以下を実行します。

ssh-keygen -t rsa

Enter

Enter

Enter

おわり

C:\Users(ユーザー名).sshの下にファイルが作られます。

  • id_rsa:秘密鍵。誰にも見せてはいけません。
  • id_rsa.pub:公開鍵。GitHubに教えてあげます。

GitHubに公開鍵を登録する

GitHubに公開鍵を登録します。

まず、id_rsa.pubの中身をコピーする。
普通にエディタで開いてコピーでも構いません。
意識高い系の僕はコマンドでやっておきます。

Get-Content ~/.ssh/id_rsa.pub | clip

GitHubを開きます

プロフィールアイコン→Settings

SSH and GPG keys → New SSH key

Title:適当
Key:さっきコピーしたid_rsa.pubの中身
Add SSH keyを押す

登録完了

known_hostを作成する

自信のローカルのGitにリモートのリポジトリの情報を教えてあげます。

ssh -T git@github.com

yes

完了

さっき、秘密鍵と公開鍵が出来た場所にknown_hostが出来上がります。

GitHubからCloneしてみる(確認)

こことか

ここからSSHのパスをとってきます

Visual Studio Codeを開く
変なアイコンを選択する
リポジトリのクローンを選択する

GitHubのSSHパスを貼り付ける

下に出てくるリポジトリのURLを選択します

編集作業を行うローカルフォルダを選択します。

開く

おわり。

ちなみに失敗したらこんな感じ。
手順を見直してください。

まとめ

最初だけの作業です。
後は色んな人のリポジトリをCloneして楽しめます。
ライセンスには気を付けましょう。

おわり


VSCodeの使い方はこの辺にまとめています。
よろしければどうぞ。→ Visual Studio Code

C# DXの設計書 Git GitHub GitHubサーベイ MovingWordpress Python Twapi Visual Studio VSCode Wordpress WPF ソフトウェア開発実演 ツール データサイエンス フォロワーを増やしたい ブログ収益化 ブログ記事整理プロジェクト プログラマーとは プログラミング ワードプレスの引っ越し 僕が会社をやめた理由


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。