Visual Studio 2019とGitHubの連携

プログラマー速攻入門関連の記事です。
全体を見たい方はこちらへどうぞ。

GitHubの目的はバージョン管理です。
GitHubのアカウントを作っただけでは何も面白くありません。

GitHubとVisual Studioを連携させていきます。

GitHubを使う嬉しさ

普通の人のバージョン管理はこうですね。

ぶっちゃけどれが最新かわからない。
複数人で作業する場合など最早どうにもなりません。
そういった悩みを解決するのがバージョン管理ツールです。

TFS,CVS,SVN,Gitなど様々なツールがありますが
ここではバージョン管理はGit
リポジトリ(ネットワーク上の保管場所)にはGitHubを使っていきます。

GitHub連携

Visual Studioでリポジトリを作成する

Visual Studioでプロジェクトが既にあるかと思います。
まだプロジェクト作ってない人はこちらからどうぞ。

※Gitの環境構築が必要な場合はこちらへどうぞ

プロジェクトを開いて
Git変更 → Gitリポジトリの作成
の順で選択します。

サインイン

GitHub

Username or email addressを入力
Passwordを入力
Sign inを選択

Authorize github

完了したらしい

プライベートリポジトリ(非公開にするか公開するかに応じてチェックOn/Off)
作成とプッシュ

Visual StudioのGit変更の部分の表示が変わります。

GitHubを見に行きましょう。
※画面の更新が必要かもしれません。
Repositoriesにプロジェクトが追加されます。

あなたのプロジェクトがGitHubに上がりました。

ソースコードもこんな感じで見ることができます。

コミットと差分比較

コミットはローカルPCでのバージョン管理です。
プッシュはGitHubに変更内容をアップすることです。
ではやってみましょう。少し変更しました。

コメントを追加します。
すべてをコミット

成功したみたいです。

少し変更前後の状態を確認してみましょう。
ソリューションエクスプローラ

変更したファイルを右クリック → Git → 履歴の表示

ダブルクリックしてみます。

修正前のファイルを見る事ができました。

比較してみます。
2行とも選択してコミットの比較。

差分を見る事ができます。便利!!

プッシュ

コミットしただけではローカル上でのバージョン管理です。
プッシュしてGitHubに上げてしまいましょう。

Git変更 → プッシュ

クローン

すでにGitHubに上がっているプロジェクトを取得するにはどうしたらよいか?

リポジトリの場所を指定しないといけないみたいですね。
GitHubからとってきましょう。

自分のリポジトリに行ってCode → ヘンなアイコン(Copy)

先ほどコピーしたリポジトリの場所を貼り付け。
僕はパスが被ってしまったのでCalculator2にパスを変更しました。
で、クローン。

取ってこれました。

何かごちゃごちゃ言ってるので、
Calculator.slnをダブルクリックして
いつもの感じに切り替えます。

イイ感じ。ビルドも通りました。

まとめ

簡単なGitHub連携についてご説明しました。

他にもSSH接続やGitHubのブランチ、
マージリクエストなどの考え方等はご自身で調べて行ってください。
色々覚えれば便利なものがあります。

GitHubを使用するにあたり、Visual Studioにこだわる必要もありません。
例えばTortoiseGitを使えば色んなファイルのバージョン管理ができます。
プログラマーに限らず便利だと思うんですよね。

この辺にまとめてますのでご確認ください。

GitHub関連 - プログラマーやめました

よろしければ僕のGitHubリポジトリもありますのでフォローをお願いします。

https://github.com/zeikomi552

おわり

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。